« 「天ぷら 悦」 大阪・東心斎橋・天ぷら | メイン | 「デリシャス」 大阪・服部天神・ステーキ »

2019年9月24日

「Ristorante Due」 神戸・中山手・イタリア料理


神戸中山手通りに面して建つ ラ・ドルレイ神戸三宮ビルは
この「Ristorante Due」を始め、焼鳥の「かさ原」、中華の「エヴォーブ」など神戸の名店が入っている。

久しぶりの「Ristorante Due」である。
19092480-copy.jpg

シェフの木下憲幸さんは研究熱心な料理人。

ガストロバックという減圧調理器を始め色々な調理器具を使いこなし、
また昆布など日本の食材も敏感に使い、新たなイタリアンのあり方を提案する。


根室無添加雲丹 オクラ パプリカ トマト
19092483-copy.jpg

雲丹にはスダチのジュレ
パプリカにはアーモンドのアイス
トマトはガスパッチョ
なんとも刺激的なスタートなことか。一気に「Ristorante Due」になる。



タラバ蟹 毛蟹 生湯葉 茶豆
19092485-copy.jpg

19092486-copy.jpg

生湯葉はアンチョビでマリネ 秋田のじゅんさい 茶豆を蟹と合わせる。
想像できない味わいを軽々とクリア。コクのある一品だ。



大分の和牛だ。
19092488-copy.jpg



白烏賊 胡瓜 シトロンキャビア。
19092489-copy.jpg

視覚に飛び込む美しさ、烏賊は人肌の温度帯。
胡瓜のビネガーで軽い酸味をプラス。
口中で広がる甘さは素敵だ。



ここのスペッシャリテ「QV鮑 モロヘイヤ 肝ソース」
19092494-copy.jpg

ガストロバックを使い火入れをした鮑の柔らかな食感と味の濃密さ。
モロヘイヤの味と肝がマッチングする。



金目鯛 水茄子 赤紫蘇。
19092496-copy.jpg

ウロコを炭火でカリッと仕上げた金目鯛。香ばしさが味わいに繋がる。
水茄子は地辛子の風味を添える。



サザエ イシカゲ貝 ホッキ貝 にら イカ墨。
19092499-copy.jpg

イカ墨を練りこんだタヤリン。噛むとイカ墨の味を感じる。
そこに味の詰まった貝類が加わると相乗効果どころか味の膨らみがます。



大分和牛 ビーツ ヴィンコット アンコールペッパー。
19092402-copy.jpg

2時間ほどの火入れで完成させる和牛、ビーツの甘味なども生きる味わいである。



松茸 鱒子 米
19092403-copy.jpg

初めはトリュフの予定が季節ものに変わる。
なんとも贅沢感を味わうご飯。



セロリ イチジク エルダーフラワー 
19092404-copy.jpg

セロリのアイスクリームにイチジクが素敵な相性。
スッキリしたデザート。

アールグレイで締める。



シェフのやりたいことがびっしり詰まった料理である。






「Ristorante Due」
神戸市中央区中山手通1-25-6
078-221-2266

投稿者 geode : 2019年9月24日 10:16