« 「デリシャス」 大阪・服部天神・ステーキ | メイン | 「高村刃物製作所」 福井・越前市・包丁 »

2019年8月 7日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食


どんどん進化する「洋食おがた」。

いくつもの出会いが「洋食おがた」に優れた食材を運ぶ。
頼もしい洋食店である。

19080782-copy.jpg

尾崎牛がある、平井牛が揃う。
焼津の「サスエ前田魚店」から凄い魚が届く。
鹿児島鹿屋市の「ふくとめ小牧場」からサドルバックという豚、などなど。

いやいや素晴らしいラインナップである。


「前田さんからのカンパチです」と。
手前が油通ししたもの、奥が生。
19080785-copy.jpg

差が歴然。油通しをした香りの出方。



見せてくれたのがサドルバック。美しい。
19080786-copy.jpg



大原の夏野菜のサラダ。
19080787-copy.jpg

瑞々しいという言葉がよく似合うサラダ。
サラダが水分を補うということもわかる。
元気な野菜が持つす水分だ。



ヒメ小鯛のフリット。
19080788-copy.jpg

これも焼津から。スズキ目ハタ科の魚のようだ。
フリットにすることで身から味わい、香りが突出する。
揚げ物にして真価を発揮するなと感じた。



アジのフライ。
19080789-copy.jpg

半生状態で文句なしである。
アジフライの印象が変わる。



冷たいコーンスープ。
19080791-copy.jpg

箸休めというか、ここで気分を一旦落ち着ける。
さらりと食材の味が生きる。



サドルバックの薄切りをカツレツ パルミジャーノ風味
デミグラスとレモン。

まずはレモンとチーズの相性で食べる。
19080793-copy.jpg

爽やかなのにコクがある。



デミグラスではソースの役割を知る。
19080794-copy.jpg

どちらにしろサドルバックの力を感じる料理だ。



ハンバーグは外せない。
19080797-copy.jpg

19080798-copy.jpg

洋食を食べているという気分満喫だ。



締めに小さなカレーをいただく。
19080701-copy.jpg



明日にでもまた訪れたい一軒である。






「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 2019年8月 7日 10:45