« 「京料理ちもと」 京都・四条木屋町・日本料理 | メイン | 「La Part Dieu(ラ・パール・デュー)」 京都・元田中・フランス料理 »

2019年7月25日

「お料理 宮本」 大阪・南森町・日本料理


ここのカウンターは居心地がいい。
大将と女将の絶妙な間合いがじつに見事である。

安心感がいつも漂っている。
そして遊び心がある。

豆乳と湯葉豆腐。ウニと三田のじゅんさい。
19072553-copy.jpg

豆乳と湯葉豆腐が懐かしい味わい。



椀物は丸茄子にアコウ、黄ニラに柚子。
19072555-copy.jpg

「お出汁に味は打っていません」と。
つまり昆布と鰹の出汁に普通は薄口醤油と塩で味を整えるのだが、それを食わない出汁のこと。

煮含まれた丸茄子から、そして塩を打ったアコウからもそれぞれのコクや塩分が溶け出し、
最後の一口が喉を通る時の塩梅の良さに思わず唸ってしまう。



造り。
鱧の落とし。
19072558-copy.jpg

昆布出汁の中につけることで味わいに厚みが出る。
湯引き仕立てなので、ほのかな温かさが残る。
この温度も重要なポイントだ。



しっかり焼かれた鮎。
19072560-copy.jpg

頭からサクッと口の中で消えてゆく。



鱧の子は下にもち米が入る。
19072561-copy.jpg

これは舌に強い印象を残す。
山椒の香りが生きている。



手打ちのうどんである。
19072563-copy.jpg

モロヘイヤに山芋が入る。ぬめりや弾力あるうどん。
ここで麺類が登場するのは流れにメリハリもあり、うれしい限りだ。



冬瓜に焼きたての鰻だ。
19072564-copy.jpg

鰻の脂分とコクが冬瓜とのマッチングの良さを感じさせる。



蛸、かぼちゃ、万願寺唐辛子、おくら、ミョウガという取り合わせ。
19072565-copy.jpg

ホッとする味わいに気持ちが和らいでゆく。
温度も常温より低めで緩急の付け具合が素晴らしい。



締めのご飯にはおかずがつく。
19072566-copy.jpg

19072567-copy.jpg

ちりめんじゃこ、炭火で炙った鰹のづけ、茄子のマリネに梅肉。
これで何杯も食べたくなる。



フルーツと本わらび餅。
19072568-copy.jpg

19072569-copy.jpg



お薄で仕上げである。
19072571-copy.jpg



料理も時間も素敵に流れていった。






「お料理 宮本」
大阪市北区東天満2-10-28 フローライト南森町 1F
06-6809-6990

投稿者 geode : 2019年7月25日 10:45