« 「坦坦 烏丸店」 京都・東洞院六角・担々麺 | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2019年7月11日

「蔵六雄山 平河町」 東京・平河町・鮨


東京で鮨を食べることなった。

東京の和食の料理人が予約してくれた。
本店が六本木にある「蔵六雄山」の新店。

平河町のキタノホテル内にあった。
まず店に入ると匂いが清々しい。

大将は小高雄山さん。
いかにも旨そうな鮨を握る顔付きと体型である。
それだけで一安心!
「一期一会、志は高く、敷居は低く」がモットーという。
最初から期待感が高まる。



中トロ
19071107-copy.jpg

適度な脂ののりと香りですっと大将の鮨に入る。



干しガレイ。
19071108-copy.jpg

甘さがにじむ。



カスゴ。
19071110-copy.jpg

香りがいい。



5日寝かしたアオリイカにうに。
19071112-copy.jpg

19071113-copy.jpg

この合わせは嬉しい。
大将の姿!



ほっき貝はごま油で!
19071114-copy.jpg



アジは艶かしい。
19071115-copy.jpg



ボタンエビはねっとり甘い。
19071116-copy.jpg



シマアジは脂分がいい。
19071118-copy.jpg



藁で炙ったカツオにはねぎ。
19071120-copy.jpg



毛ガニにうに。
19071121-copy.jpg

旨み満載の一貫。



シャコは甘味。
19071122-copy.jpg



ハマグリのフライ。
19071124-copy.jpg

途中で入ることでテンションが上がる。



トロに合わせた玉ねぎ醤油がいいアクセント。
19071125-copy.jpg



コハダの締め具合が素敵だ。
19071126-copy.jpg



アマエビの殻、香ばしい。
19071128-copy.jpg



時知らずは貴重な鮭。
19071129-copy.jpg

甘味がねっとり。



ムラサキうに。
19071130-copy.jpg

甘味が違う。



穴子はやはりツメがいい。
19071131-copy.jpg



トロたくは手巻きで!
19071132-copy.jpg



干瓢巻き。わさびがしっかり。
19071134-copy.jpg



締めはコハダとガリを巻いてもらう。
19071135-copy.jpg

ふんわりとコハダとガリが混じり、素敵な締めとなった。



昼間にゆったりとした時間であった。






「蔵六雄山 平河町」
東京都千代田区平河町2-6-15 ザ・キタノホテル東京B1F
03-6256-9909

投稿者 geode : 2019年7月11日 10:36