« 「味????兆 ぶんぶ庵」 大阪・本町・日本料理 | メイン | 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 »

2019年6月25日

「赤坂四川飯店」 東京・赤坂・中国料理


日本に四川料理をもたらした陳建民さんは1958年西新橋に店を開く。

1960年六本木に移転。
そして1970年現在の赤坂に店を開き、全国に四川料理を広めてゆく。

2代目陳健一さんは現役、3代目の陳健太郎さんは当主として鍋を振る。
初めて、本店に足を踏み入れた。
料理はお任せランチとした。

前菜の盛り合わせ
左から
クラゲの冷製、ピーナッツと野菜、棒々鶏、インゲンの香り炒め、鯛の中国風カルパッチョ。
19062584-copy.jpg

安心の味わいで中国料理の世界に入る。


鮎のネギ山椒炒め。
19062587-copy.jpg

190625]88-copy.jpg

視覚的に美しい料理。
食べると山椒のほのかな香りと、マコモ茸、ズッキーニ、ヤングコーンといった野菜が
それぞれの味をうまく感じさせる。バランスの妙だ。



モンゴイカと大海老の赤唐辛子炒め。
19062590-copy.jpg

19062592-copy.jpg

食材の歯を弾くような食感と味わいは凝縮感が重なり、食欲が増進するように思う。
味はしっかりしているが軽やか。



フカヒレ、アワビ、手羽先、ナマコの醤油炒め。
19062593-copy.jpg

煮込みでもある。中国料理ならではの食材の合わせ方と味の含ませ方。
白いご飯が欲しくなる。



茹で雲呑の胡麻ソース。
19062596-copy.jpg

胡麻ソースのコクと香りがきいている。



そして陳麻婆豆腐の登場である。
19062599-copy.jpg

これは全てのコースにつく。
赤坂四川飯店を代表する料理の一つだ。
山椒の痺れるような辛味がきいた麻婆豆腐。
これは白いご飯とともに食べる。
さすがの味わいだ。



デザートはパイナップルソースの杏仁豆腐。
19062501-copy.jpg

さっぱりとして食事を終える。



とても安心感をおぼえるランチであった。






「赤坂四川飯店」
東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館5F・6F
03-3263-9371

投稿者 geode : 2019年6月25日 10:49