« 「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理 | メイン | 「炭火割烹 いしい」 大阪・福島・日本料理 »

2019年6月19日

「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理


建仁寺南門の八坂通りは、日本料理通りである。

「祇園さ々木」「建仁寺丸山」「天ぷら遠藤」「末友」などが軒を並べる。
ワクワクする界隈でもある。

「末友」。
「祇園丸山」「花霞」を経て自店を開店させ10年がすぎる。
昨年は二階に念願の座敷も作り、これからの世界に新たなチャレンジを続ける料理人である。

日本料理の真髄ともいうべき季節感の表現は見事といえる。

この日は甘茶でお出迎え。
19061966.jpg

季節を考え冷たい。



次は煙の入った器が届く。
19061967-copy.jpg



蓋をあけると薫香が立ち上る。
19061968-copy.jpg



初鰹である。
19061969-copy.jpg

そこに水ナス、スナックエンドウ、ナスタチウム、菊菜のソースとなる。
サプライズ感がある。



八寸は末友さんの世界である。
19061972-copy.jpg

紫陽花を施した美しさ。
青梅の白ワイン煮。岩梨。
じゅんさい。
蛸の柔らか煮。
丸十 さつまいも。
枝豆。
ゴリの甘露煮。
鯛の柏寿司に酢蓮根。
見た目も麗しい。



椀はすっぽん
19061974-copy.jpg

すっぽんの卵
ネギ、唐辛子など。
スッキリしていながらこくはたっぷり。



イサキのたたき。
19061976-copy.jpg

19061978.jpg

針生姜、生姜、岩のり、チリ酢など。
イサキの香りがこんなにあるとは!



美山川の鮎。
19061983-copy.jpg

塩焼きにする。骨を抜き、頭と尻尾は落とす。
香りと苦味がいい。



鳥取の夏がき
19061985-copy.jpg

夏輝というブランド。
身がしっかりしてうまみもあり。



鱧しゃぶである。
19061986-copy.jpg



鱧は40秒ほどしゃぶしゃぶ。
19061989-copy.jpg

なんとも味わい深く、余韻も長い。



先ほど外した鮎の頭と中骨は揚げる。
19061991-copy.jpg



川海老のご飯。
19061992-copy.jpg

19061994-copy.jpg

炊き込みゴハンはシンプルにしてうまみも充溢。



デザート。
くずきり、白玉、黒蜜かき氷。
19061997-copy.jpg



レモンのババロア
19061998-copy.jpg



桃のジュース ソルベ。
19061999-copy.jpg



そして抹茶で締める。
19061900-copy.jpg



いつも安定感のある料理である。






「祇園 末友」
京都市東山区大和大路四条下ル小松町151-73
075-496-8799

投稿者 geode : 2019年6月19日 10:57