« 「カマル」 京都・三条・カレー | メイン | 「和田門」 福岡・西中洲・洋食 »

2019年6月 4日

「KUROMORI」 仙台・太白・中国料理


「宮城には鮑、フカヒレ、ナマコという中華料理の貴重な素材があるので、
 中華料理に向いている場所かと思ったのです。」

仙台の「KUROMORI」という中華料理店の主人・黒森洋司さんの言葉である。
「KUROMORI」は坂の中腹にある。

19060491-copy.jpg



まずは身体を温めるスープが登場する。
19060494-copy.jpg

これにて黒森さんの世界に誘われる。



前菜は
つぶ貝、太刀魚、茄子、鴨である。
19060496-copy.jpg

太刀魚のフリットと鴨のジューシー感は印象的であった。



温かい前菜
大根餅と齋藤豚の焼豚、ミヤギシメジ。
19060497-copy.jpg

この大根餅が秀逸。ふんわりという食感に戸惑い感動への変化を楽しむ。



蒸し物
比内地鶏の小籠包。
19060499-copy.jpg

紫うにが乗っかる。ねっとりした食感と甘味。
小籠包の域を超えている一品。



刺身
石巻の真鯛
19060402-copy.jpg

昆布締めするとにより味わいと舌触りに変化をもたらす。
身の解け具合が嬉しい。



煮込み
気仙沼の吉切鮫尾びれ
19060404-copy.jpg



黄韮とササニシキ。
19060405-copy.jpg

圧倒的な味わいと舌を包み込む迫力。
貫禄のある一皿である。

ご飯と一緒に食べるという贅沢を知る。



小鉢
ほや、きゅうり、クラゲ。
19060406-copy.jpg

さりげなく出てくる癒しの一皿。



煮込み
南三陸の40頭吉品鮑。
19060407-copy.jpg

この乾燥鮑の実力を思い知る。
噛み応え、並びの底から滲み出るうまみなど考える。



小鉢
トマトの酸味と甘味でスッキリ。
19060409-copy.jpg



揚げ物
茨城KUROMORI鶏。
19060410-copy.jpg

名物と言って良い火入れ。
パリッとジューシ〜という表現がぴったり。



お食事
シンプルな麺。
19060412-copy.jpg

これがインパクトあり。
お土産として購入。



ジャージー牛を使った杏仁豆腐とくるみ飴炊き。
19060413-copy.jpg



素敵な組み立てと流れに心が踊る。
再訪を願う一軒となった。






「KUROMORI」
宮城県仙台市太白区向山2-2-1
022-211-0306

投稿者 geode : 2019年6月 4日 10:25