« 「レストラン・アラジン」 東京・広尾・フランス料理 | メイン | 「カフェ・ド・ノール」 北海道・札幌・コーヒー専門店 »

2019年5月27日

「リストランテ野呂」 京都・二条・イタリア料理


「青森の長谷川自然牧場の豚肉100パーセントの豚ミンチカツご用意します」という
「リストランテ野呂」の野呂和美シェフからのメッセージあり。

これは黙って見逃す手はない。
豚肉好き、カツレツ好きには心が揺れるお誘いである。

カウンターの上に張りがあり、艶やかな賀茂茄子が並んでいる。
綾部の河北農園の賀茂茄子だ。
「賀茂茄子も食べたい」と告げる。

まずは人参サラダとやや甘いジャガイモのポテトサラダ。
19052778-copy.jpg


ここから賀茂茄子のオンパレード!
バルサミコでマリネをした賀茂茄子の上に炙ったサワラ。
19052780-copy.jpg

サワラの脂分と賀茂茄子の出会いに舌が喜ぶ。



賀茂茄子の上には黒星笛鯛。
19052781-copy.jpg

さっぱりした一品。



賀茂茄子にホタルイカ。
19052783-copy.jpg

酸味と甘味のあるソースの役割も大きい。



賀茂茄子はローストして
甘エビとそのアラでとったソース。
19052784-copy.jpg

賀茂茄子が野呂さんの手にかかると千変万化!



さて青森・長谷川自然牧場の豚。
19052786-copy.jpg

飼育期間が通常より4ヶ月長い。



最初はローストしたトンテキである。
19052787-copy.jpg

脂の質がきれいなのだ。
うまみはあるのだが、さっぱりしている。
青森のリンゴを使ったソースとの相性もよし。



小さな一切れ。
豚肉にウニとわさび。
19052788-copy.jpg

これは反則技のようなもの。
うまいに決まっている。



そして豚肉100パーセントのミンチカツ。
19052790-copy.jpg

19052791-copy.jpg

優しい味わいは予想外であり、豚肉の脂がここまで洗練されているのかと驚いた。
ソースをしっかりつけると、また美味。



デザートは
棒茶のパンナコッタ。
19052792-copy.jpg

きめ細かな味わいは素敵。



ブラッドオレンジのプリン。
19052793-copy.jpg

甘味と酸味が融合する。



豚肉に誘われた訪れたが色々な発見があり、楽しいディナーであった。






「リストランテ野呂」
京都市中京区西ノ京職司町67-14
075-823-8100

投稿者 geode : 2019年5月27日 10:09