« 「心根」 大阪・高槻・日本料理 | メイン | 「レストラン・アラジン」 東京・広尾・フランス料理 »

2019年5月23日

「TANPOPO」 大阪・北新地・鉄板料理


カウンター、それも鉄板で料理を作る。
そこで繰り広がられる姿に魅せられる。

北新地の鉄板料理「TANPOPO」のカウンターではいつもそんなことを思う。

冷たいジャガイモのスープには、イクラが入る。
19052339-copy.jpg

塩分とコクがきいている。


長野県のアスパラガスに豚バラと目玉焼き。
19052342-copy.jpg

目玉焼きがいい具合にソースになる。
アスパラガスの弾ける歯触りから生まれる青味も嬉しい。



明石蛸に実山椒が入った焼き物。
19052343-copy.jpg

これは食感の勝負である。
一口目はふんわり、蛸のうまみが歯を包む。
そして実山椒がプチっと当たると香りがやってくる。



鶏の胸肉のふんわりとした焼き具合。
19052346-copy.jpg

素材の質を見極めた火入れによる技だ。
口の中で駆け巡る鶏肉の液体に心が踊る。



桜海老とスルメの長芋焼き。
19052347-copy.jpg

ソフトな口当たりから桜海老のサクサク感、スルメの出汁が次第に広がる。
楽しい一皿である。



豚キムチである。
19052349-copy.jpg

大量のキムチと一緒に調理する。
キムチが相当多いかと思ったが、バランスの良さが流石である。



王道のお好み焼きは豚玉である。
19052350-copy.jpg

やはり、これがあってこその鉄板焼き。
キャベツはかなり細かく切ってあり、熱が入ることでしなやかになり豚のうまみとも混じり合い、
生地の味わいが変化するのがお好み焼きの楽しいところ。



「TANPOPO」特製の焼きそば。
19052355-copy.jpg

まずは麺を片面しっかりやく。



液体を加え、麺を柔らかくする。
19052356-copy.jpg

19052357-copy.jpg

麺自体の食感が場所によって異なるのが面白い。
これも定番としていつも味わう。



カウンターならではの楽しみを満喫した2時間であった。






「タンポポ」
大阪市北区曽根崎新地1-10-16 永楽ビル6F
06-6344-2888

投稿者 geode : 2019年5月23日 10:05