« 「ristorante NAKAMOTO」 京都・木津川・イタリア料理 | メイン | 「TANPOPO」 大阪・北新地・鉄板料理 »

2019年5月22日

「心根」 大阪・高槻・日本料理


日本料理の「心根」。
枚方氷室台から昨年末、高槻の山奥に移転。
なかなか訪れることができなかった。
5月になりようやく訪れることとなった。

高槻駅からみんなでバスに乗り、30分強山道を走る。
よくぞこのような場所にと感じる。
この古民家を素敵に改装した店内。
ここに入るだけで気持ちが新たになる。

5月ということで主題は立夏。

兜の器に菖蒲。
1080693-copy.jpg


器を開けるときな粉の香りが鮮烈であった。
ウスイエンドウのあん、鯛のご飯である。
1080694-copy.jpg

季節の香りと彩りに魅了される。



八寸はヤマブキの葉っぱ。
1080696-copy.jpg

1080697-copy.jpg

赤いツボには朝採りの筍と木の芽。
ちまきは車海老の寿司。
車海老の鬼殻焼き。
稚鮎のフライ。
ホタルイカはスモーク。
空豆。
トコブシ。
コゴミのおひたしは秀逸。
よもぎ豆腐。

この仕事振りには主人・片山城さんの思いが募る。



ワラビは有明の海苔巻き。
桜鱒の昆布締め。
1080700-copy.jpg

ワラビの海苔巻きが嬉しい。



サワラはゆったりとした火入れ。
1080701-copy.jpg

辛子水菜、ウドの油炒め、日本タンポポ、ウドの醤油。
サワラがなんとも優しい。



桜海老と木の芽のかき揚げ。
1080706-copy.jpg

サクッとうまみが炸裂。



鹿肉に破竹、タラノメ、間引き人参。
1080707-copy.jpg

鹿肉の儚い味わいと野菜の出会いがいい。



トリ貝におかひじき、白いちご。
1080709-copy.jpg

出汁のジュレがかかる。
やや都会的な料理。



平井牛と山城の筍は炭火で焼く。
1080710-copy.jpg

1080712-copy.jpg

1080714-copy.jpg

平井牛の香りが高く、肉を食べているという実感。
筍は甘味を感じる。



ご飯にはおかずあり。
1080715-copy.jpg

塩ジャケにはスモークを。
1080716-copy.jpg

松前漬け、キュウリなど。
1080717-copy.jpg

平飼いの卵。
1080718-copy.jpg

枕崎の本枯れ節。
1080719-copy.jpg


お菓子と抹茶で締めくくる。
1080721-copy.jpg

1080722-copy.jpg



山の中で食べているという安堵感がなんだか心地がいい。
また季節を変え、やって来たいと思う。






「心根」
大阪府高槻市中畑久保条15-1
072-691-6500

投稿者 geode : 2019年5月22日 10:53