« 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 | メイン | 「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理 »

2019年5月16日

「おたぎ」 京都・鷹ヶ峰・日本料理


北大路から鷹ヶ峰に移転してもうすぐ一年が経つ。
移転後は一軒家である。
19051626-copy.jpg

19051627-copy.jpg

19051628-copy.jpg

店前の駐車場もたっぷりあり、場所がら車で訪れる人も多いのだろう。
この日はカウンターが満席で、奥のテーブル席での食事。


清見オレンジのジュースから。
19051629-copy.jpg

爽やかな甘味が身体にしみわたる。



先付けは
トリ貝、車海老、アスパラガス、一寸豆にかつお出汁のゼリー。
19051632-copy.jpg

この季節ならではの食材が盛り込まれている。
優しい酸味が全体の調和を保つ。



椀物は
石川県ののどぐろ 自家製厚揚げ
19051634-copy.jpg

のどぐろの脂分やうまみが溶け込んでインパクトのある椀物となっている。



向付は
明石の鯛とイカ。
19051637-copy.jpg



添えられたエゾバフンウニと醤油。この醤油はイカとの相性が見事。
19051638-copy.jpg

鯛は香りと甘味あり。



ゼンマイの白和えにローストした松の実。
19051639-copy.jpg

ここで口の中を一旦フラットにする。
松の実の香ばしさがいい。



朝堀の大原野の筍。
19051642-copy.jpg

炭火で焼き、美山の木の芽。
筍の持つ甘味がぐっと引き出され、苦みやえぐみを感じない。



牛肉は亀岡牛。
19051646-copy.jpg

ふきのとう醤油が秀逸。
やや甘味もあり、花山椒とも素敵なマリアージュ。
贅沢、優雅な気分になる一皿。



自家製手打ちうどん。
19051649-copy.jpg

ミョウガ、ゴマだれでさっぱり。
またまた口中がスッキリ。



琵琶湖の小鮎。
19051656-copy.jpg

揚げ物。苦玉をしっかり感じる。



ご飯のお供が登場。
19051657-copy.jpg



会津若松のご飯。
19051661-copy.jpg



まず一口食べる。
19051663-copy.jpg

米の甘味で舌が笑う。



たまごかけご飯。
19051666-copy.jpg

19051671-copy.jpg

濃厚さには驚く。黄身の味わいを堪能。



イチゴミルク。
19051672-copy.jpg

なんだか懐かしい。



道明寺 肉桂。
19051673-copy.jpg

香りと甘味の饗宴。



抹茶で締める。
19051675-copy.jpg



中庭があることですごく開放感がある。
19051677-copy.jpg



ゆったりした時間が流れる。大切なことだ。






「おたぎ」
京都市北区鷹峯土天井町18
075-492-1771

投稿者 geode : 2019年5月16日 10:22