« 「鉄板料理 花六」 京都・ホテルカンラ京都・鉄板料理 | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2019年5月14日

「にしぶち飯店」 京都・東山・中国料理


京都・東山にある中華料理「にしぶち飯店」。

独自の道を歩み続ける料理人、西淵健太郎さん。
料理の世界を常に広げる料理人である。

一皿目からの攻めてくる。
ホタルイカに長芋、ウニにビーフン、そして黒酢のジュレ。
19051496-copy.jpg

ビーフンはホタルイカの肝と和えているので色がやや褐色。
この一皿からのインパクトは胃袋にパンチを与える。



チャーシューと手羽先。
19051401-copy.jpg

チャーシューにはブルーチーズ。
手羽先には燕の巣が詰められる。
チャーシューとブルーチーズの相性は強烈。
手羽先がワンランクアップだ。



焼きフカヒレには上湯。
19051402-copy.jpg

香ばしさとクリアでコクの渾然一体感に喉がなる。



解禁直後のとり貝、ミル貝にはハルサメ。
19051405-copy.jpg

中華スープと醤油がかかる。
全体のバランスと貝類の濃厚な味わいがまろやかになる。



牛肉はヒウチ。
19051407-copy.jpg

賀茂茄子とトマト、黄ニラ、豆豉、豆板醤。
トマトの酸味がいいアクセントになる。
ヒウチはうまみが強い。



フカヒレのスープには甘鯛となまこ。
19051408-copy.jpg

この組み合わせには参った。甘鯛の使い方が秀逸。



麻婆豆腐とご飯。
19051410-copy.jpg

黄金の組み合わせ。



ココナッツのプリンにタピオカ、サツマイモなど。
19051414-copy.jpg

コクと甘味の合唱が聞こえてくるデザート。

いつもながら西淵さんのエネルギーと発想に驚くのであった。






「にしぶち飯店」
京都市東山区上弁天町444-2
075-561-1650

投稿者 geode : 2019年5月14日 10:22