« 「京、静華」 京都・岡崎・中国料理 | メイン | 「鉄板料理 花六」 京都・ホテルカンラ京都・鉄板料理 »

2019年5月10日

「石臼挽き手打蕎麦 むら木」 京都・西院・蕎麦

蕎麦が食べたくなり、記憶を辿っていると浮上したのが「石臼挽き手打蕎麦 むら木」である。

19051037-copy.jpg

19051038-copy.jpg

19051039-copy.jpg

何年前になるだろう。

訪れると「昨日〇〇さんが来られました」と。
一緒に番組を作っていた構成作家のことであった。
縁は繋がるものだと不思議な気持ちになる。


まずは蕎麦の素揚げが出る。
19051024-copy.jpg

これで蕎麦の世界にゆっくり入ってゆく。



蕎麦屋では「そばがき」が食べたい。
紡錘形のそばがき。
19051026-copy.jpg

思っているより柔らかい。
ふんわりという表現がピタリとはまる。
山葵と塩で食べる。まろやかな甘味が広がる。
出汁をつけると、甘味が際立つ。



桜海老のかき揚げとざる。
まずは桜海老のかき揚げ。
19051028-copy.jpg

この立体的な姿に箸を握る指に力が入る。
ほろほろと崩れるが、香りが魅惑的だ。
口に入れると桜海老の風味が充溢する。
均一に火を入れる技術の結晶である。



蕎麦(白)は、蕎麦の実の部分を製粉した蕎麦。
19051031-copy.jpg

香りと食感がポイントである。
喉を通る時の刺激、その後鼻に抜ける香りが嬉しい。



続いて蕎麦(黒)は、そばがらを挽き込んだ黒っぽい蕎麦。
19051032-copy.jpg

プチっとあたる食感に続く 大地の味と香りだ。



鴨汁につける。適度な脂分がコクを生み出す。
19051034-copy.jpg

ぐっと気持ちが高まる。



ついつい蕎麦を食べると欲張りになる。

また訪れたい!






「石臼挽き手打蕎麦 むら木」
京都市右京区西院平町5-1
075-321-8790

投稿者 geode : 2019年5月10日 10:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://180.222.81.174/cmt/mt-tb.cgi/804