« 「Les Queues(レクゥ)」 福井・越前新保・フランス料理 | メイン | 「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理 »

2019年4月24日

「川原崎」 大阪・西天満・天ぷら


天ぷらは面白い。
素材と衣と油の世界である。
そこで何ができるかを料理人は考える。

「川原崎」主人・川原崎敏朗さんは、大阪で天ぷらを揚げることの意味を追求し、
大阪の天ぷらの確立を目指している。

始まりは
本みる貝、ホタルイカ、うるいである。
19042403-copy.jpg

季節感から始まる。



この日の食材!
19042404-copy.jpg



自家製のピクルス。
19042405-copy.jpg



車海老が二尾。
19042406-copy.jpg



二尾目は味噌がつく。
19042407-copy.jpg

同じ食材が少しの変化で大きな味わいの違いを作る。



メゴチ。
19042409-copy.jpg

和歌山でとれたメゴチ。香りが秀逸だ。



花うど。
19042410-copy.jpg

春の苦味がやってくる。



タイラギ貝は火入れで甘さが引き出される。
19042411-copy.jpg



焼き人参。
19042412-copy.jpg

2時間ほど石で焼き、その後揚げる。
香りも食感も初対面だ。



原木椎茸は香りが立ち込める。
19042414-copy.jpg



アオリイカはねっとりと弾力がある。
19042415-copy.jpg



サワラ。
19042416-copy.jpg

艶かしい断面から味が深まってゆく。



オコゼは、凝縮した味が爆ぜる。
19042417-copy.jpg



芹を湯葉でまき揚げる。
19042418-copy.jpg

なんと贅沢なことか。



海老の頭。
19042420-copy.jpg

香ばしい。



アスパラガス。
19042421-copy.jpg

青い味わいと優しい甘味。



蛤は濃密な味わい。
19042422-copy.jpg

これはインパクトがある。



たらの芽、コシアブラ。
19042423-copy.jpg

口の中が春のほろ苦さに!



アイナメはむっちりした味わい。
19042424-copy.jpg



蒸し鮑は香りの勝利だ。
19042425-copy.jpg



穴子はうまみの宝庫である。
19042426-copy.jpg



天丼に卵黄。
19042428-copy.jpg

うまいの頂上である。



綿実油100パーセントの天ぷら。
大阪でももっと天ぷら屋が増えるといいなと思う。






「川原崎」
大阪市北区西天満3-1-5
06-6450-6817

投稿者 geode : 2019年4月24日 10:26