« 「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「エグ・ヴィヴ」 北海道・小樽・パン »

2019年4月 9日

「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理


男性12名が揃い会食。
この「Droit ドロワ」が初めていうメンバーも多数いた。

シンプルな料理で定評あり。
昨年出版されたミシュランガイドで星を一つ獲得した。

スタートはふきのとうのクロケット。
19040956-copy.jpg

ふきのとうのほろ苦さが春を感じさせる。


パンの生地もしっかりである。
19040957-copy.jpg



大原野の朝堀の筍。
19040960-copy.jpg

オランデーズソースだけで食べるシンプルなスタイル。
筍が持つ苦味がソースと一体になる。



ビルゴーの鴨テリーヌ。
19040961-copy.jpg

フォアグラがきいている。
付け合わせはクランベリーのポルト酒漬け。
適度な酸味がいいアクセントとなる。



真ハタのポワレ 海苔のソース。
19040963-copy.jpg

ハタの皮目に打たれた塩が皮と身の間のうまさを強調する。
身質の弾力も魅力的だ。



メインはストーブに入った仔羊。
19040968-copy.jpg

19040973-copy.jpg



仔羊のジゴ。もも肉である。迫力に圧倒される。
19040978-copy.jpg

ソース・リヨネーズ。玉ねぎと白ワインと仔羊の出汁からとったソース。
相性間違いなし。



おかわりのソースはマスタード風味。
19040979-copy.jpg

これもぴったりで美味。



チーズは岡山吉田牧場から。
右からマジアグリ、カマンベール、名もなきウオッシュタイプ。
19040980-copy.jpg

19040983-copy.jpg

どれも流石の味わい。



締めのデザートは森永プリン。
19040985-copy.jpg

シェフの森永さんにちなんだ。
懐かしい味わいでホッとした気分になる。



がっつりしたフランス料理を堪能した。






「Droit ドロワ」
京都市上京区東桜町49-1
075-256-0177

投稿者 geode : 2019年4月 9日 10:59