« 「エンボカ京都」 京都・烏丸御池・薪窯料理 | メイン | 「六曜社珈琲店」 京都・河原町三条・コーヒー店 »

2019年3月15日

このは」 大阪・本町・日本料理


大阪の日本料理「このは」。

19031543-copy.jpg

ご主人・田中さんは天ぷらをメインに据えたコースを組み立ててくれる。
天ぷらに対する研究心の深さには驚くことがある。


先付は春野菜。
19031545-copy.jpg

うるいに菜の花、葉わさびにバチコの炙りである。



ぶりの粕汁。
19031548-copy.jpg

身体が温まり、気持ちが豊かになる。



造りはヨコワとヒラメ。(画像を撮り忘れです。)



前菜は、コゴミの胡麻和え、ロマネスコと花豆、いなり、イワシのおかか和えなど。
19031550-copy.jpg

季節を感じる料理が並ぶ。手間と完成度の高さ。
一つひとつの料理に込められた思いの深さを感じる。



ウニの柚子釜蒸し。タラの白子が生かされている。
19031553-copy.jpg

この時期ならではの取り合わせ。
日本料理が季節の産物である、ということを強く意識した一品。



アワビの料理。
19031554-copy.jpg

19031555-copy.jpg

田中さんと一緒に出かけた地方の寿司屋で出会ったアワビに衝撃を受け、そのオマージュであった。
香りと柔らかさは鋭い。



天ぷらの材料が並ぶ。
19031557-copy.jpg



シラサエビの頭
19031558-copy.jpg

香ばしさで始まる。



シラサエビ。
19031559-copy.jpg

衣がしっかりしている。海老の甘味もしっかり。



たけのこ。
19031560-copy.jpg

適度なほろ苦さが春を告げる。



タチウオ。
19031561-copy.jpg

解けぐあいがいいのだ。



そら豆。
19031562-copy.jpg

弾ける春を感じさせる。



白魚。
19031563-copy.jpg

春の味わい。



芽キャベツ。
19031564-copy.jpg

青っぽい味わいに優しさがある。



ふきのとう。
19031565-copy.jpg

まさに春の苦味である。



氷魚と大葉の炊き込みゴハン。
19031568-copy.jpg

春が満載。



米粒ひとつひとつに味がある。
19031570-copy.jpg

炊き込みご飯の醍醐味を満喫。



山芋のきんとんと抹茶。
19031572-copy.jpg

19031573-copy.jpg



穏やかな食事だが、気持ちがたおやかになる時間である。






「このは」
大阪市中央区南本町2-6-22 プルミエール南本町 1F
06-6243-0228

投稿者 geode : 2019年3月15日 10:02