« 「BUNDY BEANS」兵庫・苦楽園・コーヒー豆 | メイン | このは」 大阪・本町・日本料理 »

2019年3月14日

「エンボカ京都」 京都・烏丸御池・薪窯料理

京都の街には石窯を使う料理店が、ポツリポツリと増えている。
ここ「エンボカ京都」もその一軒である。
京都の町家をうまくリノベートした店つくり。

19031488-copy.jpg

19031466-copy.jpg

カウンターあり テーブルあり。
この日はテーブル席。



料理はコースと単品が用意されている。
初めてなのでコースをお願いした。

自家製からすみとピクルスの盛り合わせ。
19031468-copy.jpg

先付けである。
からすみの塩分もしっかりときいており インパクトのあるスタート。



生ハムと旬の野菜の前菜。
19031471-copy.jpg

生ハムは2種、上がハモン・イベリコ。下がハモン・セラーノ。
京人参のソースにカブラのムース。野菜には柑橘のドレッシングがかかる。
ムースの柔らかな甘味が全体をまとめている。



窯焼き野菜の盛り合わせ。
19031472-copy.jpg

野菜はスナックエンドウ、しいたけ、小カブ、黄人参、鳴門金時、菜の花、新キャベツなど。
それぞれの野菜の味わいの輪郭がじつにしっかり分かる。
味の凝縮感が見事だ。窯が持つエネルギーが野菜と麗しいコラボレーションだ。



魚介を使った料理。
タラのコンフィに白子のソース。
19031475-copy.jpg

タラのしっとりしながらも感度のいい火入れ。
白子のソースはコクがあり、親子の出会いは美しい。



燻製牛肉のたたき。
19031479-copy.jpg

窯で牛肉(もも肉)を焼き、藁で香りをつける。
バジルソースに タイム塩。
赤身のうまみが生きている一品。



ピザはマルゲリータとふきのとうのハーフ&ハーフ。
19031481-copy.jpg

ふきのとうの春を告げる苦味がいい。
とはいえ、やはりピザはマルゲリータかと思う。



春キャベツのスープ。
19031480-copy.jpg

なんとも優しい味わい。



デザートは焼きデコポン組と抹茶ウォーターチョコレート。
19031484-copy.jpg

19031485-copy.jpg

ウォーターチョコレートはねっとりした舌触りと甘味と苦味のバランスがうれしい。



海外のお客さんも多かった。






「エンボカ京都」
京都市中京区西洞院六角下ル池須町406
075-253-0870

投稿者 geode : 2019年3月14日 10:40