« 「中洲ちんや」 福岡・中洲・精肉&洋食 | メイン | 「タンポポ」 大阪・北新地・鉄板焼き »

2019年3月11日

「メゾン タテル ヨシノ」 大阪・北新地・フランス料理


大阪北新地「ANAクラウンプラザホテル大阪」に「メゾン タテル ヨシノ」がオープンして2年が経過する。
ミシュランガイドで1つ星を獲得。
トリュフを使ったディナーコースである。

アミューズブーシュ
19031145-copy.jpg

グジェール、リンゴとセロリと鴨など
定番で心地の良いスタート。



ポテトとフグの前菜。軽いスモークがかかる。
19031148-copy.jpg

ポテトが儚い感じで消えてゆくのが楽しい。



パンは3種。
19031149-copy.jpg



トリュフを挟んだ牛タンのルクルス。
19031153-copy.jpg

スモークした牛タンとフォアグラのミルフィーユ仕立て。
しっとりした食感のうまみの相乗効果が見事な一品となった。
リンゴのピュレもいいアクセント。



チリメンキャベツ、フォアグラ、黒トリュフのテリーヌ。
19031157-copy.jpg

グリーンが放つ迫力は、口に含むとその力が口中温度で広がる。
カリッとした黒トリュフの味わいとも見事な相性を示す。



黒トリュフのプディング。
19031160-copy.jpg

ケンネ脂で包みこまれた根セロリと黒トリュフが層になる。
プディングを切ると二つが重なり合い、絶大なるハーモニーを奏でるのであった。
贅沢だが、王道のメニューである。



真鯛と黒トリュフのパピヨット。
19031161-copy.jpg

19031163-copy.jpg

パピヨット紙で包んで火入れをする料理のこと。
中で閉じ込められた黒トリュフの香りを真鯛とともに味わうことで、この料理は完成する。



蝦夷鹿のロースト トリュフの香り。
19031165-copy.jpg

蝦夷鹿にはフォアグラとカカオのチュイル。
鹿は調理されることで生き生きとした味わいになる。



チーズはなんとコンテの48ヶ月熟成というのがあった。
19031168-copy.jpg

値打ちの一品。



アヴァンデセールはジンのゼリーなどでスッキリ。
19031170-copy.jpg



デザートは黒トリュフのスフレ。
19031172-copy.jpg

香りがトリュフ満載で時間との勝負。



オーガニックコーヒーと小菓子。
19031174-copy.jpg



ホテルのダイニングながら柔らかな雰囲気は素敵だ。
そしてスタッフのスーツ姿も美しい。

男性二人のディナーも時にはいいものだと感じた。






「メゾン タテル ヨシノ」
大阪市北区堂島浜1-3-1 ANAクラウンプラザホテル大阪
06-6347-1128

投稿者 geode : 2019年3月11日 10:28