« 「手音」 福岡・大橋・コーヒー専門店 | メイン | 「メゾン タテル ヨシノ」 大阪・北新地・フランス料理 »

2019年3月 8日

「中洲ちんや」 福岡・中洲・精肉&洋食


博多でホッとする一軒。
というのは、ここの女将さんにいつも元気をもらうからである。

おかみさんが喋る博多弁は、その見本のような感じ。
一階が精肉店と奥が洋食屋。二階は座敷ですき焼きなど。

この日は二階であった。
まずはコールドビーフを使うサラダである。
19030839-copy.jpg

牛肉を口に入れると口中の温度で牛肉の脂分が溶け出してくる。
その甘味に野菜のシャキシャキ感と鮮度がいい塩梅で絡む。
ググッと胃袋が反応する。


すき焼き丼があるのだが、すき焼きとご飯を別盛りにしてもらった。
19030840-copy.jpg

皿盛りには牛肉、豆腐、こんにゃく、ねぎ、玉ねぎ、卵などがしっかり入る。
割り下で炊かれた具材が皿の上で饗宴だ。
やや甘めの味わいが、白いご飯とよく合う。
牛肉の質の良さを感じる。



ビーフカツを食べた仲間がいる。
19030841-copy.jpg

ドミグラスソースが生きる。



女将さんが「ビーフシチューも食べんと!」と博多弁。従いました。
ドミグラスソースに生クリーム。昭和な光景だ。
19030843-copy.jpg

安心感がある。じっくり上質の牛肉を使っているからだ。
塊の牛肉とソースは、まるで旧知の仲間のような微笑みあっているよう。
このソースだけでご飯を食べることが可能。



デザートはイチゴとアイスクリーム。
19030844-copy.jpg

黄金の組み合わせ。



女将さんの顔を見て 話すだけで値打ちがある。






「中洲ちんや」
福岡市博多区中洲3-7-4
092-291-5560

投稿者 geode : 2019年3月 8日 10:30