« 「鮨 楽味」 京都・祇園・寿司 | メイン | 「ENEKO Tokyo」 東京・西麻布・バスク料理 »

2019年2月18日

「燕 en」 京都・八条口・日本料理


カウンターに座る。
山本さんという女性が言葉をかけてくれる。
その瞬間から「燕 en」の気分になっている。

まず、届いたのが
つまみ湯葉の薄氷仕立て。
19021818-copy.jpg

上部の薄い大根が氷のように移る
器が熱い。季節を感じながら料理の世界に誘われる。


造りは寿司仕立て

さより
19021819-copy.jpg

淡白ながらも舌を優しく包む。



鱒はねっとりした感触が艶やかだ。
19021821-copy.jpg



ぶりはユッケソースという技が光る。
19021822-copy.jpg

ソースと脂分がいい相性である。



ノドグロの脂が口の中で溶けてゆく様を楽しむ。
19021823-copy.jpg

素材がもたらす口福である。



ウニはたまらなく甘い。
19021824-copy.jpg



トロは香りが命だ。
19021825-copy.jpg

贅沢さがなければ意味がない。



牛肉の炙り花山椒。
19021826-copy.jpg

牛肉の香りと甘味が花山椒と出会うと、変化する。
すっきりと穏やかな味わいになってゆく。



揚げ物オンパレード
ビフカツ
カキフライ
桜海老と新玉葱のかき揚げ。
19021830-copy.jpg

19021831-copy.jpg

秀逸の味わい。
ころもで味わいを閉じ込める。
ウスターソースと山椒醤油の効果が遺憾なく発揮される。



鴨と九条ネギの麺。
19021834-copy.jpg

この季節の黒トリュフがきく。



精進ラーメン。
19021835-copy.jpg



味わいともてなしのバランスの良さ。
いつ訪れても、いつも同じ。これは重要であり、すごいところ。

大切な一軒。






「燕 en」
京都市南区東九条西山王町15-2
075-691-8155

投稿者 geode : 2019年2月18日 10:14