« 「トラットリア アルソード」 大阪・土佐堀・イタリア料理 | メイン | 「御幸町 田がわ」 京都・御幸町夷川・日本料理 »

2019年2月 4日

「月泉」 大阪・西天満・中国料理


西天満の中華隆盛のきっかけとなった一軒「月泉」。
店内はカウンター、テーブル、円卓とあり、円卓は6名程度で半個室の感覚である。
この日は、円卓での食事であった。

「月泉」の前菜は迫力がある。
一気に7種類が並ぶ。
19020458-copy.jpg

それぞれに店主・岡田さんが説明を加える。



シマアジは塩で寝かし 黒七味
19020459-copy.jpg



タコの山椒和え
19020460-copy.jpg



クラゲの醤油 うるい
19020461-copy.jpg



ピータンと豆豉
19020462-copy.jpg



しじみの紹興酒漬け
19020463-copy.jpg



ビーフンは海鮮 上海蟹
19020464-copy.jpg



よだれ鶏
19020465-copy.jpg



季節の大根餅とキャベツ
19020466-copy.jpg

豚ばら肉が加わり、印象が強い。
口の中で回鍋肉の感じとなる。



空心菜の炒め物。
19020471-copy.jpg

すっきりとリセットだ。



マナガツオの蒸し物、魚醤風味。
19020474-copy.jpg

贅沢な一品。
魚醤の香りと野菜のほろ苦さ、マナガツオのコク。



シャラン産の鴨とクレソン。
19020477-copy.jpg

鴨とクレソンという組み合わせはさすがのマリアージュ。
鴨のうまみを見事にヘルプする



黒酢の酢豚。
19020481-copy.jpg

「月泉」のスペシャリテ。
この迫力に一同声を上げる。
玉ねぎの甘味もやさしく酢豚に寄り添う。



雲子入りの麻婆豆腐。
19020486-copy.jpg

19020490-copy.jpg

メンバーに麻婆豆腐研究家がいたので、彼へのメッセージである。



白いご飯にかけて食べる。
19020491-copy.jpg



デザートは胡麻団子
19020493-copy.jpg



杏仁豆腐に八朔のシロップ。
19020495-copy.jpg

酸味のかおるシロップがいい。



メリハリのある刺激的なコース仕立てに、会話も盛り上がった。






「月泉」
大阪市北区西天満1-6-4
06-6366-0055

投稿者 geode : 2019年2月 4日 10:52