« 「私房菜 すみよし」 京都・馬町・中国料理 | メイン | 「月泉」 大阪・西天満・中国料理 »

2019年2月 1日

「トラットリア アルソード」 大阪・土佐堀・イタリア料理


土佐堀通りに近い古い建物。
それが「トラットリア アルソード」。

何名かの友人から聞いていたトラットリア。
店内はどこかイタリアの地方の店を思わせるような感じである。

食いしん坊の友人が勧めてくれたメニューとこの日同席する仲間が好む料理がほぼ被っていた。

まずは
エミリアロマーニャ名物 ニョッコフリットと生ハム盛り。
19020117-copy.jpg

ニョッコフリットは薄い揚げパンのこと。それに生ハムを乗せて食べる。
ニョッコフリットの温度で生ハムがしなりとなるのがポイント。



レンズ豆の煮込み。
19020118-copy.jpg

丁寧に煮込まれた食感。
レンズ豆の潰れ具合が舌を優しく刺激する。



マッシュルームとサラミのブルスケッタ。
19020119-copy.jpg

このタイプのブルスケッタは初めての味わい。
組み合わせが嬉しい。



ジャガイモとゴルゴンゾーラのグラタン。
19020120-copy.jpg

鉄板の相性である。
ゴルゴンゾーラの力はすごい。



イワシのオーブン焼き。
19020121-copy.jpg

イワシとジャガイモも王道である。



アスパラガスのミラノ風。
19020123-copy.jpg

アスパラガスと卵とチーズ。
一体となった味わいに気持ちが魅了される。



ポルチーニのラビオリ。
19020124-copy.jpg

ラビオリの柔らかな口当たりとポルチーニの蠱惑的な味わい。
チーズも生きる。



国産レモンのクリームソース。
19020125-copy.jpg

傑作である。レモンの酸味がクリームと出会い、優しいまろやかさに生まれ変わる。
リピート必至のメニューだ。



イイダコのトマトソース。
19020127-copy.jpg

ソースのふんわりとした柔らかな味わいがきいている。



セミフレッドで締める。
19020129-copy.jpg



ゆったりした雰囲気の中で自由な時間が流れていった。






「トラットリア アルソード」
大阪市西区土佐堀2-3-5
06-7502-5318

投稿者 geode : 2019年2月 1日 10:22