« 「MATSU」 岡山・北区天神・イタリア料理 | メイン | 「麺屋優光」 京都・烏丸御池・ラーメン店 »

2019年1月22日

「hiroto」 広島・中区富士見町・フランス料理


モダンな外観と内装が印象的なレストラン。
ワインがずらりと並ぶ。その迫力もあり。

ガラスの美しい器が出てきた。
19012249-copy-copy.jpg

キャビアが光を放つ。パセリのピュレにキャビアとコンソメゼリー。
魅力的な一皿からコースは始まった。



牡蠣の器に、スモークをかけた和牛のラムシンを
しゃぶしゃぶした状態でのせたフィンガーライムという料理。
19012253-copy-copy.jpg

視覚的にも驚きがあり、かつ牛肉と牡蠣の饗宴に想定外の味わいを感じる。



パイ生地とトマトのミルフィーユ状態。
19012254-copy-copy.jpg

生ハムも入り、上にはヨーグルトアイスとリコッタチーズにバジルのソース。
立体的な料理のサクッと感とヨーグルトやチーズの酸味の使い方が素敵であった。



やや苦味のある野菜が口中をフラットにする。
19012256-copy-copy.jpg



蟹のビスクは、中がフラン(茶碗蒸し状態)になっている。
19012258-copy.jpg

ビスクの濃厚さとフランの淡さが一体となる。
ワタリガニのポイントをついた味わいである。



白子にジャガイモのパンケーキ。
19012261-copy.jpg

レンコン、スダチのソースに黒トリュフ。
食材を重ねるが、思えば全て王道の組み合わせ。



天然のフグのリゾット。リゾットといってもそれを焼き整形したもの。
19012263-copy.jpg

フグでとったスープをかける。
次第にリゾットが柔らかくなり、口当たりとともに味わいも深くなってゆく。



アワビと椎茸にエスカルゴバターが加わる。
19012265-copy-copy.jpg

肝のソースがかかり、アワビの満載感が生まれる。



リードヴォーにマッシュルーム。
19012268-copy-copy.jpg

この組み合わせも真っ当なスタイル。
コクがうまみを感じさせる。



大根とフォアグラ。
19012270-copy-copy.jpg

コンソメで煮含めた大根に歯を入れた途端に広がるうまみは日本人の心を揺さぶる。
フォアグラのコクは絶妙なマリアージュである。



和牛のイチボ。
19012271-copy.jpg

適度なサシと酸味のあるソースで一皿が完成する。
見事なメイン。



またゆっくり訪れたい一軒である。
ちなみに店名の「hiroto」はシェフの廣戸良幸から。






「hiroto」
広島県広島市中区富士見町4-17
082-247-9889

投稿者 geode : 2019年1月22日 10:39