« 「川喜」 福井・三国・日本料理 | メイン | 「レストラン乃呂」 大阪・東心斎橋・洋食 »

2019年1月17日

「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理


昨年末の「ほうば」である。

東京から、神戸から、京都から食いしん坊が集まる。
それぞれ職業も異なる。
話題のグルーブ感が楽しい。

最初のナムル15種類から盛り上がりをみせる。
19011798-copy.jpg

どういう順番で、どれぐらいの量を取るか。各人の個性が現れる。
最初に15種類きちんと取る人や、三列に並んでいるので列ごとに食べる人などじつに興味ふかい。
この15種類のナムルは印象が鮮烈である。

野菜の味わいをしっかり感じながらも優しい。



チヂミも名物。
19011705-copy.jpg

この日は鱈の白子と、イタヤガイと銀杏。
白子のねっとり、イタヤガイの濃さが舌にインパクトを与える。



セコガニにフカヒレという贅沢バージョン。
19011706-copy.jpg

19011708-copy.jpg

年末ならではのセコガニ。一旦蒸してから炊く。
そのエキスを絡めながらフカヒレを食べる。
身体中にエネルギーが満ち足りて行く。



たっぷりの野菜で牛肉を包んで食べる。
19011709-copy.jpg

19011710-copy.jpg

韓国料理が野菜をしっかり食べるということがわかる。



かぶらのおかゆの中にブリ。
19011713-copy.jpg

ブリの脂分を見事に生かした料理。
野菜と魚、双方の甘味が素敵なマッチング。



フグの揚げ物。
19011714-copy.jpg

この季節ならではの一品。
スパイシーなコロモも味わいでフグの力を引き出す。



スペアリブの煮付け。
19011718-copy.jpg

この液体や大根など野菜の凄み。
白ご飯を呼ぶ料理の高位である。



タレとスペアリブを使った卵かけご飯。
19011719-copy.jpg

締めのご飯をより印象つけることとなった。



定番料理は多いが、少しずつ変化し、また食べ方も含め想像力を掻き立ててくれる。
だから何度でも足を運びたくなるのであろう。






「ほうば」
大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル2F
06-6456-0080

投稿者 geode : 2019年1月17日 10:20