« 「サボ sabot」 京都・新烏丸二条・コーヒー | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2019年1月16日

「川喜」 福井・三国・日本料理


蟹を食べに日本海に向かう。この季節の歳時記でもある。

昨年、クリスマスに訪れた福井県三国の「川喜」。
ここは蟹の調理法が茹でのみ。
蟹を食べる醍醐味を味わう。

突き出しは 鱈の肝。
19011684-copy.jpg

食事への高揚感。



イバラモエビ。
19011685-copy.jpg

小型が多いモエビ科ではやや大型のエビである。
殻は硬いが味わいは濃密感があり舌をねっとりと覆う。



カレイのヒレ。
19011687-copy.jpg

ゼラチン質たっぷり。口のまわりが粘っとするぐらいの感じだ。
味わいの濃さは感動ものである。



セコガニ。ズワイガニの雌である。
19011688-copy.jpg

12月末までの収穫。



内子と味噌の迫力。
19011690-copy.jpg

清酒が欲しくなる感じである。



いよいよズワイガニの登場である。
19011692-copy.jpg

19011694-copy.jpg

四代目ご主人の笑顔にも魅せられる。



これは大胆にしがむしかない。
19011695-copy.jpg

口の中にエキスが充満してゆくのが分かる。
カニの味わいとは本来こういうものであったのかと再認識する。
現地で食べることの意味を考える。



味噌を食べる。
19011696-copy.jpg

味噌が持つコクと濃厚さを同時に味わう。
贅沢だと思いながらも食べる速度が速くなる。



締めに魚介のスープを飲む。
19011697-copy.jpg



蟹を食べるダイナミックさ、これを経験すると蟹に対する感覚も変わるというのだ。






「川喜」
福井県坂井市三国町中央2-2-28
0776-82-1313

投稿者 geode : 2019年1月16日 10:29