« 「くいしんぼー山中」 京都・桂・ステーキ | メイン | 「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理 »

2019年1月 9日

「祇園大渡」 京都・祇園・日本料理


「あんた、おせちをしないなら大晦日は開けなさい。私がちゃんとお客さんを埋めるから!」
とある人に助言されたことが現実となり、大晦日は営業という京都の「祇園大渡」である。

そんなわけで大晦日の昼にでかけた。

定番の柚子風呂という献立。
19010965-copy.jpg

2018年バージョンである。
中には うに、かに、煮アワビ、白子と豪華だ。
南京の種が乗っかることで、香ばしさも生まれる。



てっぱい。
19010967-copy.jpg

あん肝がたっぷり入る。
わけぎに針アーモンド。
清酒が欲しくなる味わい。



セコガニ。
19010969-copy.jpg

中にすし飯が入る。やや酸味が効いてカニの味わいが締まる。
横に添えられたのはすぐき。この食感が効果的だ。



氷見のぶり。
19010971-copy.jpg

脂の乗ったところに山わさびがじつにいい仕事をする。
相当な辛味だが、脂分の力が強いので香りになる。



椀物はフカヒレの白味噌仕立てとなる。
19010974-copy.jpg

分厚いフカヒレに負けない白味噌の風味に圧倒される。



鳩を焼く大渡さんの勇姿!
19010978-copy.jpg



鳩の味わいのきれいさ。柔らかな味わい。
19010980-copy.jpg

重湯というかおかゆ、そこにクワイのクルトンが入る。
このコクがまた全体にリズムを与える。



しっかりした味が続いたのでかぶらの煮含め。
19010984-copy.jpg

これがいい箸休めとなる。



海老芋の含め煮を素揚げ。
19010985-copy.jpg

海老芋のキメの細かさと出汁の味わいが重なりオリジナルとなる。



ズワイガニの脚はボイルして野菜とともに。
19010988-copy.jpg

これも定番だが、少しずつ変化あり。



カニ雑炊にカニの味噌のピュレ。
19010991-copy.jpg

なんとも記憶に残る味わい。
ガツンとやられた感じ。



わらび餅と抹茶で締める。
19010993-copy.jpg

19010995-copy.jpg

19010996-copy.jpg



素敵な大晦日となった。
ありがとう大渡さん。






「祇園大渡」
京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252

投稿者 geode : 2019年1月 9日 10:46