« 「monk」 京都・哲学の道・薪窯料理 | メイン | 2018年をふりかえり »

2018年12月26日

「炭火割烹 いふき」 京都・祇園・日本料理


祇園南側 美味なる店が軒を並べる通りにある。
炭火焼をメインとした割烹。
ご主人とおかみさんのコンビネーションも素晴らしい。
居心地のいい割烹である。

先付けがずらり。
モロコと木の芽、鯖のきずし、うずら、シラサエビにカダイフ、たいらぎ貝にウニ・山葵オイルなど。
18122694-copy.jpg

18122695-copy.jpg

18122696-copy.jpg

18122697-copy.jpg

酒飲みにはたまらない品々。



造りはマグロとクエ。
18122698-copy.jpg

マグロは香り、クエは脂分。
どちらも舌に与えるインパクトあり。



椀物は白味噌仕立て。
18122602-copy.jpg

椀種はアワビ。白味噌とアワビの相性すこぶるよし。



白子に白トリュフ、下には小さなご飯。
18122603-copy.jpg

艶っぽい一品。香りとうまみが一体となる。



焼きガニ。磯のエキスが漂ってくる。
18122605-copy.jpg



鰻のタレ焼きにも白トリュフ。
18122608-copy.jpg

鰻の濃さとトリュフの香りが、別世界への旅立ちを予感させる。



ネギとクレソン、熊の脂をすっぽんの出汁で煮含める。
18122610-copy.jpg

見た目は地味だが、味わいは極めて複合的だ。



和牛。
18122612-copy.jpg

ロースは山山葵とごぼう。
ヒレはタレ。にんにくバター醤油もあう。



蕎麦。
18122615-copy.jpg

長芋と辛味大根。
さっぱりと仕切り直し。



かきフライ。
18122616-copy.jpg



香の物と椀。
18122617-copy.jpg

18122618-copy.jpg



白ご飯。
18122620-copy.jpg



果実の蜂蜜のジュレ。
18122621-copy.jpg



ココナッツアイスの最中で締める。
18122623.jpg



流れはメリハリがあり、軽やかな時間の流れでもあった。






「炭火割烹 いふき」
京都市東山区祇園町南側570-8
075-525-6665

投稿者 geode : 2018年12月26日 10:05