« 「HATSU」 大阪・北新地・イノベイティブ | メイン | 「唐菜房 大元」 大阪・西天満・中国料理 »

2018年12月13日

「中国菜 香味」 大阪・西天満・中華料理


いま、西天満は中国料理激戦区である。

その中にあっておそらく一番古い「中国菜 香味」。
八名で訪れた。

まずは前菜がずらり。
きくらげ
18121369-copy.jpg



干しエビに白ネギ このサイズに驚く。
18121370-copy.jpg



皮付き豚肉の燻製に野菜。
18121371-copy.jpg



白菜の漬物 淡い味わい
18121373-copy.jpg



ハチノスにセロリ 生山椒
18121375-copy.jpg



よだれ鶏
18121376-copy.jpg



湯葉 豆豉
18121377-copy.jpg



どれも仕込みから時間をかけた手間のかかる料理。
それが確実に味わいに現れる。



フカヒレのスープは白湯。
18121379-copy.jpg

鶏を8時間煮込んだスープのクリアにしてコクの表現はすごい。



海老と野菜の炒め物。
18121380-copy.jpg

黄色は塩卵。これは自家製、よって塩分濃度が精密である。
塩辛さとコクのバランスが絶妙だ。



牛ばら肉のトロトロ煮込み。
18121382-copy.jpg

このタイトル通りのトロトロ具合。



中国パンに挟む。
18121384-copy.jpg

18121385-copy.jpg

じゃがいもとターサイ。
しゃき、グニュ感とばら肉の脂分の嬉しい結合である。



カイラン菜、衣笠茸など上湯に煮込む。
18121387-copy.jpg

これが身体に染み渡る味わいで、元気がみなぎってくる。



和えそばは、やや辛みがあるが、奥からグッとうまみが押し寄せてくる。
18121388-copy.jpg

これはクセになる味わいである。



この材料で幻と言われるデザートが作られる。
18121390-copy.jpg

18121396-copy.jpg

温度とスピードの勝負である。



三不粘の完成である。
18121398-copy.jpg

18121300-copy.jpg

皿につかない、箸につかない、歯につかない。
食感と甘味と卵のコク。
忘れがたい味わいである



杏仁豆腐、マンゴープリン、洋梨のコンポート。
18121301-copy.jpg



大満足であった。






「中国菜 香味」
大阪市北区西天満3-6-15
06-6364-2980

投稿者 geode : 2018年12月13日 10:09