« 「豚そば 月や」 福岡・中洲・ラーメン店 | メイン | 「HATSU」 大阪・北新地・イノベイティブ »

2018年12月10日

「私房菜 すみよし」 京都・馬町・中国料理


「今年の3月にオープン、いま京都で一番美味しいかも!」
と先輩料理人から連絡が入った。早速予約を入れ伺った。

18121065-copy.jpg

店内はカウンター7席とテーブル4席。
テーブル席には外光が窓を通して入る。その光景がいいのだ。
カウンターは厨房を一人で預かる料理人の戦場という雰囲気が漂っている。

「カドカミさん、以前神戸で働いているとき お目にかかりました」と。



前菜の盛り合わせ。
18121070-copy.jpg

クラゲのシークヮーサー漬け、鴨のコンフィ、海老の甘酢、蒸し鶏、鯛の豆豉。
それぞれの味わいの輪郭ははっきりしているが、刺激的な味付けではない。
気持ちにも身体にも優しいスタートである。



蒸しスープ。
18121073-copy.jpg

スープの味わいが柔らかい。
「カツオやいりこを使っています」とのこと。
鶏肉や野菜などが入る。熱々の温度も素敵だ。
スープがまろやかで食材に力を添えているようだ。



点心3種
小籠包
海老シュウマイ
海老蒸し餃子。
18121076-copy.jpg

これまた熱々、それぞれ高レベルの味わい。
おかわりが欲しくなる。



フカヒレの姿煮。
18121082-copy.jpg

値打ちありの味わい。
フカヒレに対する仕事の深さを感じる。



とろとろ酢豚。
18121085-copy.jpg

野菜がしっかり入っているのが嬉しい。
豚肉は一旦蒸しをかけ、冷やしあげる。
皮のぱりサク感と野菜の取り合わせが見事な調和を生み出す。



麻婆豆腐。
18121086-copy.jpg

辛味、こく、うまみ三位一体の味わい。
白ご飯が欲しくなり、少しもらう。



坦々麺は甘味を消したスッキリ味。
18121087-copy.jpg

締めなのに軽い。



杏仁豆腐。
18121089-copy.jpg



カジュアルな空気感と料理の完成度の高さは見事である。






「私房菜 すみよし」
京都市東山区妙法院前側町420 メゾン・ナイアーデ 1F
075-585-5707

投稿者 geode : 2018年12月10日 10:28