« 「ELEPHANT RING」 兵庫・芦屋・バウムクーヘン専門店 | メイン | 「御料理 おおくらの」 大阪・北新地・日本料理 »

2018年11月15日

「Bini」 京都・東洞院丸太町下ル・イタリア料理


ずっと気になっていたイタリアン。
以前は銀閣寺の近くにあり、御所南に移転した。
京都の町家をうまくリノベーションしたスタイル。
18111588-copy.jpg

18111589-copy.jpg

間口は狭く、奥行きは広いという典型的な形状である。



扉が二つあり、前の扉はテーブル席。奥の扉はカウンターである。
この日はカウンター席であった。

カウンター上にはメニューとグリッシーニ。
18111590-copy.jpg

18111594-copy.jpg



スタートは
鹿肉の干し肉に菊芋のピュレ トリュフのシュークルート。
18111592-copy.jpg

季節感満載である。



同時に大原の黒米のチュイル トランペット茸が加わる。
18111593-copy.jpg

季節の贈り物だ。



鰤、パンツァネッラ。
18111595-copy.jpg

鰤はサイコロ状に切られ、発酵野菜とトマトの発酵パウダーがかかる。
想像していた鰤の料理とは明らかに異なる。



自家製のフレッシュチーズ。
18111597-copy.jpg



アルチザナルのバゲット。
18111598-copy.jpg

これが滅法、粉の味わいが強く、うまみもある。



鰻、小豆、サングイナッチョ。
18111599-copy.jpg

鰻は赤ワインで処理し、炭火で炙る。
ソースは豚の血も入り、ブーダンノワールのイメージ。
赤タマネギや小豆などの使い方が巧みだ。



八幡平サーモン、柑橘、チコリ。
18111501-copy.jpg

これはサラダ仕立てかサラダかと考える。



フォアグラ、帆立、林檎。
テリーヌ仕立て。
18111504-copy.jpg

フォアグラと燻製をかけた帆立が層になる。
上には林檎の薄切りで軽い甘酸っぱさを添える。



きんき、甲殻、豆。
18111506-copy.jpg

甲殻類のソースはアメリケーヌより、軽い。
丹波黒豆の弾け方もいい。



大和榛原牛、落花生、牡蠣。
18111509-copy.jpg

イチジクの葉っぱで巻き、火入れをする。



カットすると、全体にきれいに火が入っている。
18111511-copy.jpg

脂もあるが、それが体温で溶けてゆくのがうれしい。



パスタは3種類お願いした。

アニョロッティ
中はミンチ肉。
18111513-copy.jpg



天然キノコのパスタ。
18111514-copy.jpg



ワタリガニのパスタ。
18111518-copy.jpg

締めがパスタというのは日本人の好むタイプを語ることになる。



酒粕のムース、中にはシャインマスカット。
18111520-copy.jpg



小菓子が揃う。
18111528-copy.jpg

18111529-copy.jpg

18111531-copy.jpg



次回も楽しみだ。






「Bini」
京都市中京区東洞院通丸太町下る445-1
075-203-6668

投稿者 geode : 2018年11月15日 10:22