« 「INOTSUCHI」 京都・東山二条・洋食 | メイン | 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 »

2018年11月 6日

「月泉」 大阪・西天満・中国料理


何年振りだろう!と思うぐらいに「月泉」には足を運んでいなかった。

タイミングがある。行きたいと思った時は満席、ということが続く。
つい足が遠のいてしまう。ようやく友人が席を取ってくれた。

18110654-copy.jpg

店主・岡田三四郎さんの顔付きが変わった。
仕事を積み重ね、お客さんの支持も受け、その結果が顔付きにも現れる。



店内はカウンターとテーブル席がある。
今回は6人であったので楕円のテーブルに座った。

まずは前菜が7種類登場。
よだれ鶏
18110620-copy.jpg



鶏皮せんべい
18110621-copy.jpg



青椒肉絲
18110623-copy.jpg



伊賀ブタナッツ
18110622-copy.jpg



タコの山椒
18110618-copy.jpg



ピータン玉子豆腐
18110617-copy.jpg



上海蟹 雌
18110619-copy.jpg

青椒肉絲はイチボと青唐辛子を一緒に食べて成立するという技ありの一品。
それぞれ基本を押さえながらも岡田さんのひねりが効いている。



大根餅は干し貝柱などで味を含める。
18110626.jpg

これまでの大根餅とは一線を画する味わい。



空芯菜はムール貝で炒める。
18110629-copy.jpg

モンサンミッシェルのムール貝の塩味が特筆だ。



ししゃものカラムーチョ。
18110634-copy.jpg

真のししゃもの濃厚にして味わいの深みと辛みのマッチングが初の経験。



近江牛 カイノミ を水と唐辛子でたく。
18110636-copy.jpg



たっぷりミントの葉を入れる。
18110639-copy.jpg

18110641-copy.jpg

その爽やかさと香りが実にいいのだ。
牛の脂分をうまくコントロールしてくれる。
ペロリと胃袋に収まる。



迫力の黒酢の酢豚である。
18110643-copy.jpg

これを注文するのを忘れていて慌ててお願いした一品。
玉ねぎ以外、入らない。豚と黒酢が綾なす世界に魅了される。



シンプルな麻婆豆腐。
18110646-copy.jpg



卵、魚醤が少し入った炒飯。
18110647-copy.jpg

この上に麻婆豆腐をかける。
立体感が生まれる。



あさりの焼きそば。
18110649-copy.jpg

黄ニラと三つ葉が入る。
コクはあるのに 軽やか。



胡麻団子で締める。
18110653-copy.jpg



流れがとてもよく、味わいのメリハリもあり。
季節が変わるとまた訪れたい。






「月泉」
大阪市北区西天満1-6-4
06-6366-0055

投稿者 geode : 2018年11月 6日 10:17