« 「赤いうちわ」 兵庫・三木・焼肉 | メイン | 「月泉」 大阪・西天満・中国料理 »

2018年11月 5日

「INOTSUCHI」 京都・東山二条・洋食


洋食好きである。
東山二条で以前ラーメン店であったところが、様変わりしていた。

18110531-copy.jpg

18110532-copy.jpg

業態が何であるか調べきれていなかったが、洋食屋であることが判明。
これは出かけなかれば、と行動に移した。

この12月で3年になるという。
ランチは予約ができなく、入店順。
日曜日の午後1時頃。エル字型のカウンターはほぼ満席。
何とか入ることができた。


ランチはセットメニュー。
ハンバーグのバリエーションである。
18110516-copy.jpg

イノツチ特製デミ玉ハンバーグが気になる。



「ハンバーグが少なくなってきましたので、別のメニューも大丈夫です」とのこと。
18110517-copy.jpg

黒板から迷うことなく「ジューシィなポークカツ」とした。



まずはトマトスープが出た。
18110522-copy.jpg

野菜がどっさり入り、味も結構濃厚だが、野菜をしっかり食べられるのがうれしい。
温かなスープで気持ちも身体もリラックスである。



デミ玉ハンバーグである。
18110524-copy.jpg

目玉焼きの存在感がある。これは視覚に訴える力が強い。



玉子を崩すと一気に食欲を刺激する。
18110526-copy.jpg

この艶かしい色合いは、欲望に忠実だ。
牛と豚のミンチだが、やや牛が多めということ。肉肉しさが迫力を添える。

ドミグラスソースはやや酸味を感じる。
「酸味があった方がさっぱり食べていただけるとワインビネガーなどを入れています」とのこと。
185グラムだからボリュームもありだ。
「ドミグラスは牛骨、牛スジ、鶏ガラと贅沢に作っています」と。



ポークカツが出てきた。
18110530-copy.jpg

サイズにまず驚く。何と240グラムという。ありがたい。
ポークカツファンには素敵なサイズである。
脂のキレがよく、上質な甘味を感じる。
これは何とも値打ちあり。



一品はメンチカツやカレー、グラタンなど多彩な献立が並ぶ。
次回は夜に訪れたい。






「INOTSUCHI」
京都市左京区聖護院蓮華蔵町31 第2近建ビル
075-751-6000

投稿者 geode : 2018年11月 5日 10:04