« 「和食 いし津 」 大阪・北堀江・日本料理 | メイン | 「可門」 大阪・上新庄・中国料理 »

2018年10月17日

「燕 en」 京都・八条口・日本料理


久しぶりなのに、そんな感じがしない。
温かな雰囲気がいつもうれしい。
料理人とサービスの女性のコンビネーションがすこぶる素敵である。
いつも変わらぬ空気感が流れているのも素晴らしい。

先付けは秋を告げる一品。
18101760-copy.jpg

18101762-copy.jpg

栗と秋トリュフの飯蒸し。
開けた途端に香りが立ち上る。
ホクホク感が身体も気持ちも温める。



造りが寿司になった。
18101763-copy.jpg

秋刀魚。この脂の乗り具合と香りの良さ。



カツオは香りが勝負。
18101764-copy.jpg

味も濃密でうっとりである。



ノドグロとかます。
18101765-copy.jpg

どちらも口の中で寿司飯とネタがいい感じで解けてゆく。



焼き霜の鱧。
18101766-copy.jpg

梅肉の酸味も柔らかく、鱧の味わいが深くなってゆく。



ウニは丼仕立て。
18101767-copy.jpg

甘味が生きる。



トロにはもろみとわさび。
18101768-copy.jpg

料理を司る田中さんのセンスの良さは格別である。



貝柱の味噌漬け、秋刀魚の燻製、タラコの粕漬け。
18101769-copy.jpg

清酒を呼び込む献立。
この辺りの感覚も見事だ。



梨と菊菜の白和え。
18101771-copy.jpg

梨のシャリっとした歯ざわりが美しい。



揚げ物盛り合わせ。
18101775-copy.jpg

ビフカツ、松茸、牡蠣、白海老と百合根。
揚げ物フェチにはたまらない料理。
すっかりこちらの好みを知り尽くされている。



京赤地鶏と松茸のすき焼き。
18101777-copy.jpg

これを長芋のすり流しで食べる。
この合わせが秀逸、すき焼きをすき焼きたらしめる。



締めに鯖寿司を食べる。
18101779-copy.jpg

ご飯の加減がいいのである。



自分自身忘れていたのだが、なんと誕生日前夜であった。
18101780-copy.jpg

サプライズに感激である。



温かな気持ちで、店を後にしたのであった。
考える、学ぶこと多しの食事。






「燕 en」
京都市南区東九条西山王町15-2
075-691-8155

投稿者 geode : 2018年10月17日 10:03