« 「旬彩天つちや」 大阪・江坂・天ぷら | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2018年10月12日

「花門」 京都・ANAクラウンプラザホテル京都・天ぷら


ANAクラウンプラザホテル京都の和食は「雲海」という。
その中にカウンターの「花門」という天ぷらコーナーがある。

時折訪れる。
この日はツルムラサキのおひたしから始まった。
18101225-copy.jpg

「花背のツルムラサキで無農薬で作られています」との説明。
ツルムラサキはしっかりした食感と軽い酸味という食欲を掻き立てる。



まずはえび!
18101227-copy.jpg

衣のサクッと感、身はプリプリとすごい弾力で驚くほど。



銀杏。
18101229-copy.jpg

季節を告げる食材の登場。どんどん天ぷらの世界へ導かれてゆく。
ホクホク感と弾ける優しい苦味もいい感じ。



アオリイカの大葉。
18101230-copy.jpg

これはジャストな火入れでアオリイカの甘味を見事に引き出している。



続いてのイチジク。
18101231-copy.jpg

これも季節感満載。



海老パン。
18101233-copy.jpg

一定の年代以上にはノスタルジックかもしれない。
母親の得意料理の一つである。



かぶら。
18101235-copy.jpg

これも季節を感じさせるメニュー。
熱々で供された。



ホタテ。
18101237-copy.jpg

甘味をきれいに引き出していた。



すくなかぼちゃ。
18101239-copy.jpg

ホクホクと甘味もあり、リピートしたい食材の一つである。



レンコン。
18101240-copy.jpg

シャキシャキ感があり、香りもよく食べる楽しみのある一品。



サラダ。
18101241-copy.jpg

口の中がスキッとする。



海老のしそ巻き。
18101242-copy.jpg

しその香りがきいていた。



天丼は、丼ツユの濃度がよく締めにふさわしい一品。
18101243-copy.jpg



ほうじ茶のプリンの甘味も嬉しい。
18101246-copy.jpg



天ぷらが楽しい。






「花門」
京都市中京区堀川通二条城前 ANAクラウンホテル京都1F
075-231-1155

投稿者 geode : 2018年10月12日 10:06