« 「monk」 京都・哲学の道・薪窯料理 | メイン | 「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理 »

2018年10月 5日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理


このところ毎月のように訪れている。
中国料理は他のジャンルに比して 圧倒的に知識が不足していると感じているのである。
「京、静華」の宮本さんご夫妻と出会って10年以上の歳月が流れる。不思議な縁がある。

9月の「京、静華」。
黒酢の酢豚が登場した。
18100533-copy.jpg

後ろに少し見えているのはゴーヤである。
このゴーヤの苦味を生かすところが宮本さんだと思った。



次は麻婆豆腐。
18100534-copy.jpg

と、思ったのだが何と食べてみると味わいが異なる。
肉類はそのような感じがするが、豆腐と思ったのはモッツアレラチーズであった。

それには訳があった。
ゲストに吉田牧場の吉田全作さん・千文さんご夫妻がいたからなのだ。



野菜の炒め物。
18100538-copy.jpg

なす、ジャガイモ、赤と緑の万願寺唐辛子。
コクがあるのに、透明感がある。



中華風お刺身。
18100542-copy.jpg

この日は鯛である。
ナッツの香ばしさなどが渾然一如となる。



松茸のスープ。
18100546-copy.jpg

文句なしの味わい。宮本さんの上湯の上品さに松茸さえも寄り添う感じである。



鱧の炒め物。
18100547-copy.jpg

骨切りした鱧の食感は、サクッとした歯ざわりで、
辛さというより辛みを感じる風味といったほうがいいかもしれない。
鱧の新たな楽しみ。



伊勢海老の広東風。
18100548-copy.jpg

上湯の味わいが秀逸。
伊勢海老が喜んでいるようである。



揚げ餃子。
18100550-copy.jpg

中身はカマンベールチーズ。
これも吉田牧場へのオマージュ!



牛肉の米粉蒸し、サツマイモ。
18100552-copy.jpg

米粉のしっとりと味を含んだ感じもうれしい。
気分がうっとりとなる。



炒飯。
18100555-copy.jpg

さらりハラリの傑作。



担々麺。
18100556-copy.jpg

辛みはあるが品格もある。



杏仁豆腐は2種。
18100557-copy.jpg

18100559-copy.jpg

濃淡2種、豆腐は一緒だがシロップが違う。
濃厚バージョンにはオリーブオイルがかかる。
この差異も興味深い。



桃、塩漬け卵入り月餅、杏仁のクッキー。
18100560-copy.jpg



フルーツティー。
18100562-copy.jpg



満ち足りた気分になり、また次が楽しみだ。






「京、静華」
京都市左京区 岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521

投稿者 geode : 2018年10月 5日 10:53