« 「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理 | メイン | 「きみや」 奈良・生駒市・焼肉 »

2018年10月 2日

「かさ原」 神戸・中山手・焼鳥


友人から「神戸にお気に入りの焼鳥屋があるのです」と聞き、その友人と一緒に出かけた。
中山手にある「ラ・ドルレイ神戸三宮」というビルの7階。

18100231-copy.jpg

同フロアには中華料理の「EVOLVE」があり、6階には「リストランテ ドゥエ」や
日本料理の「小猿」などが入っているビルなのである。
店は白木のカウンターがコの字に設置され、焼き台も煙が店内に流れないような設計となっていた。

この日は一番端の席で、オーナーの笠原悠仁さんの動きが後方から見えるところであった。
焼きは笠原さん一人が担当である。



まずは焼落花生が登場。
18100209-copy.jpg

内部は、しっかり水分が残り蒸し焼き状態のような感じであった。



炭酸水を頼むと「山崎の水」という微発泡の水であった。
18100210-copy.jpg

口当たりも柔らかな、料理に寄り添う味わい。



肝の刺身である。
18100211-copy.jpg

ねっとり感と甘味は秀逸。淡雪塩がかかる。



ももの造り。
18100212-copy.jpg

切り方からくる味わいが繊細である。
わさびの効果あり。



焼きに移る。
内もも。
18100214-copy.jpg

弾力と脂分が程よい。



ねぎ身。
18100215-copy.jpg

ねぎまならぬねぎ身。
脂分の使い方が見事であった。



団子。
18100216-copy.jpg

いわゆるつくねである。
口の中での解け具合が早く、味の広がりがある。



銀杏。
18100217-copy.jpg

ほろ苦さが嬉しい。口の中が変化する。



レバー。
18100219-copy.jpg

これは予想よりあっさりとしていた。
焼き方による味わいだろう。



砂ずり。
18100220-copy.jpg

コリっとした歯ざわりと歯を入れた時のうまみ。



すね肉。
18100221-copy.jpg

しなりのある弾力と脂分の配分が見事で、これも焼きの技術の賜物であろう。



松茸スープ。
18100222-copy.jpg

文句なしの味わい。



ささみ。
18100223-copy.jpg

ふんわりとさわやかである。



カチョカバロ。
18100224-copy.jpg

これを焼くのは難しい。
チーズの旨味と炭の香りがいいバランス。



ぼんじり。
18100225-copy.jpg

脂身を抜けたところのコリっと感がたまらない。



ハツ。
18100226-copy.jpg

心臓という部位からくるイメージとは異なる味わい。



かわ。
18100227-copy.jpg

香ばしさとカリカリ感。



せせり。
18100228-copy.jpg

首肉。運動量のせいか食べ応えがある。



清湯麺。
18100230-copy.jpg

麺の細さとスープのキレがぴったり。
いい締めである。



また伺いたい一軒である。






「かさ原」
神戸市中央区中山手通1-25-6 ラ・ドルレイ神戸三宮 7F
078-862-1177

投稿者 geode : 2018年10月 2日 10:55