« 「茶菓席」 京都・堺町御池下る・茶処 | メイン | 「手打ち蕎麦 くげ」 兵庫・丹波篠山・蕎麦 »

2018年9月26日

「あやむ屋」 大阪・福島・焼鳥


福島はいつの頃からか焼き鳥激戦区である。
その中で「あやむ屋」は先輩格となってしまった。
店主の永沼さんは、食いしん坊である。
いつも、福島界隈のお値打ちランチ所などを教えてもらう。

この日は、20時過ぎに飛び込んだ。
キャベツとざる豆腐。
18092620-copy.jpg

定番のメニューである。
ざる豆腐は塩で食べる。甘味が発揮される。



お任せで焼いてもらった。
ささみのわさび焼き。
18092621-copy.jpg

ここの特質は火入れにある。
ギリギリのレア状態で客の前に出す。
ささみも一口含むとそれがわかる。



三角。
18092624-copy.jpg

脂分をどこまで残すか、それが弾力と甘味を呼ぶ。



せせり。
18092625-copy.jpg

ネックとも呼ばれる首肉である。
よく動くところなので歯ごたえ十分。
肉と脂肪のバランス。噛むごとに肉汁が増してくる。



ハツ。
18092626-copy.jpg

心臓である。コリっとした口当たり。
モチっとした食感。そこから噛み砕く楽しみ。



ずり。
18092627-copy.jpg

砂ずりとも呼ぶことがある。
胃袋。鳥にはクチバシはあっても歯がない。
餌を飲み込んでは、この胃袋ですりつぶす。
弾力ある食感とうまさ。



皮。
18092628-copy.jpg

ここの皮はたっぷりある。
アコーディオンのようにかなり織り込んであるのがうれしい。
独特の歯ざわりと甘味に感動である。



つくね。
18092629-copy.jpg

色っぽさがある。
上質なハムやソーセージのイメージすら抱く。



背肝。
18092630-copy.jpg

ふわふわと弾力がある。
口に入れるとクリーミーな味わいが広がる。



肝。
18092631-copy.jpg

ざらつきが口の中で粉状に変わってゆく。
そしてふくよかな甘さが増してくる。



つなぎ。
18092633-copy.jpg

心臓の血管が繋がる部位のこと。
これは希少部位なので、いつも「つなぎはある?」と最初に聞いてしまう。
もっとも好きな部位かもしれない。
脂分と肉と香りが秀逸である。



焼きおにぎり。
18092635-copy.jpg

これで締める。



久しぶりやってきたが、やはりその火入れの妙に改めて
「あやむ屋」の真価と進化を見たような気持ちであった。






「あやむ屋」
大阪市福島区福島5-17-39
06-6455-7270

投稿者 geode : 2018年9月26日 10:19