« 「茶禅華」 東京・南麻布・中国料理 | メイン | 「あやむ屋」 大阪・福島・焼鳥 »

2018年9月25日

「茶菓席」 京都・堺町御池下る・茶処


9月も後半戦である。
まだ、蒸し暑さは残っている。
時折、氷が食べたくなる。
おそらく今年最後の氷だと思う。

和久傳 堺町店の二階に「茶菓席」がある。
18092546-copy.jpg

18092545-copy.jpg

一階にはしばしば足を運ぶが、二階の「茶菓席」は初めてであった。
低いテーブル席、天井高には限界があるので、低いテーブルという設えは納得である。 



メニューを開く。
宇治金時ソルベ
ほうじ茶ソルベが目に飛び込んでくる。
どちらも蓮根餅が付いている。

まずほうじ茶ソルベを食べる。
18092540-copy.jpg

氷が優しい。ほうじ茶の香りが、口内の温度で広がりをみせる。
氷が緩やかに溶けてゆく。甘さもほどよい。



「氷が冷たい」と同行の知人が声を上げる。
18092543-copy.jpg

少し食べると、同じ氷とは思えないぐらいに冷たく、不思議なほどしゃりしゃり感が残っている。
これには驚いた。



添えられた蓮根餅は、「和久傳」の西湖より弾力がある。
18092544-copy.jpg

このセットも嬉しい。



今年最後の氷は、二種類異なる印象を与えてくれた。






「茶菓席」
京都市中京区堺町通御池下ル東側
075-223-3600

投稿者 geode : 2018年9月25日 10:01