« 「肉洋食オオタケ」 京都・川端二条・洋食 | メイン | 「割烹 市川」 京都・間之町二条・日本料理 »

2018年8月28日

「馬鹿坊」 大阪・中崎町・中華料理


「馬鹿坊」と書いて「ばかぼん」と読む。
18082894-copy.jpg

堂山町から天神橋6丁目に向かう道路沿にある。
夜は四川料理の店だが、昼間はラーメン店として営業する。
この日は、昼のラーメンを食べに行った。



目指すは「ドロ坦々まぜそば」である。
二人だったので、焼き飯を注文、シェアすることにした。
18082887-copy.jpg

最初にやって来た焼き飯。シンプルなスタイルだが、これが滅法うまい。
何かの味が特出する訳ではないが、全体のまとまりのよさ。
味わいは複雑なのに、すっきりとした食後感も見事。



さて「ドロ坦々まぜそば」である。
「パクチーは大丈夫ですか?」と聞かれた。全く問題なしだ。
18082889-copy.jpg

やや大ぶりのラーメン鉢が届いた。
確かにパクチーがたっぷり乗っている。麺はむっちり太麺だ。
焼豚の細切りもある。これをつまむ。なんと柔らかいことか。
口の中で乳化するように滑らかな口当たりとなる。

麺をすする。
辛味噌の辛味と融合し、辛さをくぐり抜け麺の食感が追いかけてくる。
辛味噌の中にミンチが入る。これもプチッと歯に当たる。

そして麺に弾力があるので、さまざまな味わいに対応できる。
この麺があるからこそ、辛みなどが生きてくるのだ。
その麺を食べ終わると、スープが残る。
「そこに白ご飯を入れましょうか」と。
「少しお願いします」これがまた傑作である。

白いご飯にスープが見事に絡み、まるでリゾットのような感じとなる。
これも白ご飯が登場し、初めてわかる辛みとコクだ。



お腹は結構満腹状態。
元気になるランチである。






「馬鹿坊」
大阪市北区浮田1-4-10
06-6372-3368

投稿者 geode : 2018年8月28日 10:10