« 「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「馬鹿坊」 大阪・中崎町・中華料理 »

2018年8月27日

「肉洋食オオタケ」 京都・川端二条・洋食


無性に洋食が食べたくなる時がある。
「肉洋食オオタケ」の話を耳にした。
その翌日出かけた。

場所は川端二条を東に入った北側、じつにこじんまりとした店舗だ。
前の道路に黒板があり、そこにメニューが記されている。
18082771-copy.jpg



店舗の入口にも黒板があり、そこにはコースメニューがわかりやすく書かれていた。
18082772-copy.jpg

初回はコースにするか!



店内は4席のカウンターと4席と2席のテーブル。
この日は4席のテーブル席に2名。
店内の壁にも黒板があり、その日のメニューやワインなどが案内される。
18082777-copy.jpg



前菜は、ローストビーフと牛タタキにする。
18082779-copy.jpg

18082781-copy.jpg

タタキはラムシンに冬瓜。
ローストビーフの香り麗しい。



黒板から焼き茄子。
18082782-copy.jpg

茄子特有の甘味に焼いた香ばしさが映える。



季節のサラダ。
18082785-copy.jpg

ドレッッシングが優しい。



揚げ物はミニビフカツである。
18082787-copy.jpg

ソースも柔らかく、牛肉にすっと寄り添う。



追加のトウモロコシ。
18082790-copy.jpg

塩の塩梅が程よく 甘味が弾ける。



牛肉は、炙り牛スライスのカルパッチョ と 炙り牛スライスの野菜巻き。

カルパッチョは野菜との相性がいいバランス。
18082793-copy.jpg



牛のスライスも野菜とのマッチングを考慮したメニュー。
18082794-copy.jpg

野菜と一緒に食べることで満足感が増す。



焼万願寺唐辛子。
18082797-copy.jpg

これは予想通りの安心のある味わい。



メインは牛ホホ肉の赤ワイン煮とハンバーグ。

ワイン煮込みはしっかり煮込まれたホホ肉が嬉しい。
18082798-copy.jpg



ハンバーグはガッツリ肉を食べている感じがいい。
18082700-copy.jpg

ソースもしっかりあって、同時にお願いした白ご飯の必然性を実感する。



締めはコーヒー。
18082702-copy.jpg



基本料金2000円。
チョイスによって追加ありだが、これは値打ちある組み立て。
シェフが牛肉が好きでたまらないという意識が伝わる。
また愛知県出身なので愛知の食材を使いたいとも。






「肉洋食オオタケ」
京都市左京区二条通川端東入新先斗町120-2
075-708-6085

投稿者 geode : 2018年8月27日 10:43