« 「spice curry & dining Cumin's スパイスカレー&ダイニング クミンズ」 京都・姉小路・カレー | メイン | 「肉洋食オオタケ」 京都・川端二条・洋食 »

2018年8月24日

「祇園 末友」 京都・祇園・日本料理


祇園に「末友」が店を構えて来年で10年を迎えるという。
建仁寺の南門前、八坂通りに面している。
18082496-copy.jpg

直前の予約であったので、二階の座敷に入る。
まだ新しい感じを受ける。
「今年の6月に二階の座敷ができました」とのこと。



蓮水玉。
18082498-copy.jpg

季節をたっぷり感じる。
干し海老の出汁の煮こごり、枝豆、星オクラ、淡路島のうに。
柔らかな味わいで、優しい始まりとなった。



八寸。
18082403-copy.jpg

ほうずきの中には蛸の煮こごり
青いグラスにはマイクロピーマンにかつお節
グラスには鱧の子
ショットグラスには白ずいきの葛、落とし梅
木皿には穴子の八幡巻き なすのおひたし
ガラス皿は合鴨ロース 粒マスターズ ゆりね とうもろこしに大徳寺納豆。
久しぶりに端正な八寸。



椀物。
18082405-copy.jpg

鱧のハリハリ。鱧は一度唐揚げをする。
それによって出汁の味わいにコクが出る。味に深みが現れる。
野菜は水連菜、食感がしゃりしゃりしているのでこの料理に使われた。



スズキの洗い。
18082410-copy.jpg

最近は滅多に見ることがなくなった料理だ。
以前、夏の造りには頻繁に登場した献立。氷でしっかり締めてある。

土佐醤油でよし。
ウロコの唐揚げをプラスすると、食感にも変化が現れ、かつ香ばしさとコクが生まれる。



おしのぎ。
18082412-copy.jpg

桃のソルベに、ジュレ、細かな角切りと3種の桃。
これは楽しい。



賀茂茄子の田楽。
18082413-copy.jpg

なんと綾部の河北農園の賀茂茄子である。
丸焼きにしてある。中身はまさにふんわり柔らかく、溶けるような味わい。
醤油、山椒味噌、イギリスの塩でもよし。
イチジクは田楽味噌、これは白味噌。



炊き合わせ。
18082416-copy.jpg

ヒイカ、ミョウガ、糸うり、絹さや、針生姜、きゅうりの唐揚げ、玉子豆腐が揃う。
あんがかかる。ご飯に向かう前の一品。



美山のコシヒカリ。
18082418-copy.jpg

炊きたてである。
ご飯は香りと甘さ。



水羊羹とスイカ・青梅のソルベ。
18082421-copy.jpg

そこにパイナップル(ゴールデンバレルという品種)にウォッカのゼリーかけ。



抹茶が出る。
18082424-copy.jpg



締めにはレモン茶。
18082426-copy.jpg

麦茶とレモン。すっきりと気持ちが落ち着く。



座敷で食べる料理も楽しいものであった。






「祇園 末友」
京都市東山区大和大路四条下ル小松町151-73
075-496-8799

投稿者 geode : 2018年8月24日 10:57