« 「コシモ・プリュス」 兵庫・芦屋・フランス料理 | メイン | 「spice curry & dining Cumin's スパイスカレー&ダイニング クミンズ」 京都・姉小路・カレー »

2018年8月22日

「竹香」 京都・祇園・中国料理


京都には「京都の中華」というジャンルが厳然と存在する。
京風中華と呼んだり、舞妓中華などと呼ばれることもある。

祇園にある「広東御料理 竹香」もその一軒だ。
このところなぜか「竹香」のことが気になっていた。
友人にもその話をしていた。

10年ぶり、いやもっとご無沙汰かもしれない。
一階はテーブルと小上がりで予約を取らない席、並んだ順番に座る。
二階は座敷で予約可能、そしてコースのみ。
この日は一階でおよそ20分強待ち。

厨房に近いテーブル席に座る。
最初からやき豚と春巻き、すぶたは決まっていた。

まずはやきぶた。
18082228-copy.jpg

これが想像よりさっぱりしている。
そしてやや甘味も感じる。まさに京都を感じさせる。



春巻きである。
18082231-copy.jpg

画像からも予想できるようにサクッと舌触りの後に
具材が解けるように口の中で幾重もの広がりをみせる。



空心菜の炒めもの。
18082232-copy.jpg

なんと柔らかく炒めたことか。
だが、空心菜が持つほどよい苦味は失われていない。



焼きそばである。
18082235-copy.jpg

汁錦炒麺だ。
細切りにした竹の子やもやし、ピーマンなどをあんで絡め麺と和えるタイプだ。
なんとも懐かしい味わい。さまざまな記憶が蘇ってくる。



すぶた。
18082238-copy.jpg

シンプルに豚とパイナップルのみ。
そして甘めである。この蜜のような甘味が、京都で生まれたすぶたのような気がする。



芋あめに。
18082242-copy.jpg

表面は砂糖でコーティング。中はほっくりしている。



このようなベーシックな中華料理を食べるとホッとする自分がいる。
京都にはこの種の中華料理を供する店は何軒かあるが、そこから好みを見出すのも面白い。






「竹香」
京都市東山区新橋通花見小路西入ル橋本町390
075-561-1209

投稿者 geode : 2018年8月22日 10:30