« 「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2018年8月 9日

「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理


シェフがまた一人になってしまった。
フランス人サービスがいなくなってしまった。

スタート時点と同じ状況である。
スタッフは多いにこしたことはないが、
なぜかここでは森永シェフ一人というスタイルに慣れているような気もする。

18080965-copy.jpg

18080966-copy.jpg



今回は19時半からのやや遅めのスタート。
始まりは、バルケット ド エスカルゴ。
18080975-copy.jpg

芥子菜がいいアクセントとなっている。
エスカルゴの歯ざわり、忘れていた感じだ。



やや弾力のあるパン。
18080979-copy.jpg



キュウリのスープ。
18080981-copy.jpg

ミント、ライム、ジンが入る。
ジンの香りがお気に入りだと、シェフの言葉。爽やかな気持ちになる。



そのジンのボトルが可愛い。
18080984-copy.jpg



本鮪のカツレツ。
18080985-copy.jpg

卵白をベースにしたレムラードソース。
頰肉だ。迫力というかエネルギーをもらうような一品。



オマールのポワレ。
18080992-copy.jpg

上賀茂のトマトをブールブランで味をつける。
オマールのコクが鋭く届く。



メイン仔羊。鞍下肉。
18080994-copy.jpg

ロースはセロリを巻き込んでブレゼ。
この食感とセロリの風味と液体の甘味が素敵だ。



チーズは下が吉田牧場のマジアグリ、上はカマンベール。
18080999-copy.jpg

はちみつはマコン地方のもの。うっとりするほどの味。



定番のプリン
18080902-copy.jpg

「森永プリンです」と森永シェフの言葉。



ハーブティーで締める。
18080905-copy.jpg



とてもリラックスした時間の流れとなった。






「Droit ドロワ」
京都市上京区東桜町49-1
075-256-0177

投稿者 geode : 2018年8月 9日 10:04