« 「このは」 大阪・本町・日本料理 | メイン | 「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理 »

2018年8月 8日

「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら


訪れる度に新たな発見がある。
変化と進化を繰り返す。
食べ終わった後は豊かな気分になる。

まずはカンター後ろに置かれた野菜を見る。
18080888-copy.jpg

季節を眺め、この日の野菜がどのようなスタイルで供されるか想像するのが楽しい。
賀茂茄子がある。落花生もある。



青はたは串打ちされ、油の中で火入れ。
18080889-copy.jpg

18080890-copy.jpg

塩と山葵で食べる。
ねっとりした歯ざわりと香り。食欲に勢いがつく。



定番のタチウオと大葉が出る。
18080895-copy.jpg

天つゆにおろしをたっぷり。そこに入る。
タチウオの身のぷくっとした膨れ具合には驚く。



オクラの粘り気と香りがいい。
18080899-copy.jpg



浜名湖の天然海老。
18080800-copy.jpg

小ぶりなので丸く揚がる。香ばしさも感じる。



賀茂茄子は火入れの妙で瑞々しさが残る。
18080806-copy.jpg

爽やかな飲み物のような感じだ。



海老の頭に続き味噌も出る。
18080808-copy.jpg

18080810-copy.jpg

味噌は濃厚の一言。



ヤングコーン。
18080813-copy.jpg

ヒゲをここまでありがたく食べることはないかもしれない。
秀逸である。



アジは香りもよし、味わいも厚みがある。
18080816-copy.jpg



生落花生にはシャリっとした歯ざわりとうまみがある。
18080817-copy.jpg



キスは香りが命だと思う。
18080819-copy.jpg

軽やかである。



オクラとイカのソーメン、鱧の出汁である。
18080821-copy.jpg

箸休めに最適だ。



メークインはまるでマッシュポテトのようだ。
18080824-copy.jpg



甘鯛はウロコのパリパリ感と香ばしさ。
18080825-copy.jpg

後からくる味わいふかさ。



丸茄子にはカツオを。
18080829-copy.jpg



玉ねぎ。
18080835-copy.jpg

この色合いでどのような仕事をしているかがわかる。
水分を残しながらも甘味を引き出すか。



メバル。
18080836-copy.jpg

これはふんわりと。



うなぎ。
18080841-copy.jpg

18080844-copy.jpg

コロモはサクッと。身は脂分を適度に残す。



締めは天丼であった。
18080875-copy.jpg



いつ訪れても裏切られることのない一軒。






「成生」
静岡市葵区鷹匠2-5-12 1F
054-273-0703

投稿者 geode : 2018年8月 8日 10:32