« 「コホロエルマーズグリーンコーヒーカウンター」 大阪・淀屋橋・コーヒー&ギャラリー | メイン | 「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら »

2018年8月 7日

「このは」 大阪・本町・日本料理


「このは」が肥後橋から移転して4年になる。時の流れは早いモノだ。

いまは、主人の田中勝美さんと奥様、女性スタッフが2名。
女性が多い職場である。
それが店の雰囲気を作っている。

この日は14名。カウンター、小上がり共に貸切状態。
天ぷらを主体とした食事会となった。

「先付と椀物以外は天ぷらにしました」と田中さん。
頼もしい。

鮑にズイキ、ミョウガ、出汁のジュレ
18080795-copy.jpg

酸味がなんとも軽やかで食欲を心地よく刺激する。



椀種はアコウの酒蒸し、絹うり、ジュンサイ。
18080796-copy.jpg



そして天ぷらが始まる。
水ナスには辛子醤油。紙袋に入ってくる。
18080702-copy.jpg

インパクトあり。「これはすごい」と掴み大成功だ。



海老の頭。
18080704-copy.jpg



海老は塩で、甘味が一気に出てくる。
18080706-copy.jpg



オクラの花。これは粘りと香りが秀逸。
18080707-copy.jpg



新銀杏。ほろ苦さがいい。
18080712-copy.jpg



鱧は骨切りをして、鱧の子を包み込む形で。
18080714-copy.jpg

鱧の子のプチプチとした食感。



縦斬りレンコンには醤油を。
18080716-copy.jpg

粘りあるレンコンで糸をひく。



もずくと毛馬キュウリの酢物。
18080718-copy.jpg

ここで一休み。



トマトは天出汁で。甘い。
18080719-copy.jpg



茶豆はオブラートで包みあげる。
18080721-copy.jpg

少し食感に変化あり。



鮎の姿揚げ。
18080723-copy.jpg

苦味も柔らか。



甘鯛はウロコ付き。
18080725-copy.jpg

ウロコの香ばしさも。



ウニの海苔巻き、わさび添え。
18080727-copy.jpg

18080728-copy.jpg

わさびの香りが生きる。



賀茂茄子には山椒醤油を。
18080729-copy.jpg

少し甘めだ。



トウモロコシ。
18080730-copy.jpg



大阪湾の穴子。
18080733-copy.jpg



小ぶりの天バラ丼。
18080735-copy.jpg



本わらびを使ったあん餅。
18080738-copy.jpg



天ぷらは衣を濃淡二種使いわけ、種々の工夫を凝らす。
楽しい時間が流れていった。






「このは」
大阪市中央区南本町2-6-22 プルミエール南本町 1F
06-6243-0228

投稿者 geode : 2018年8月 7日 10:15