« 「monk」 京都・哲学の道・薪窯料理 | メイン | 「にしの」 大阪・京町堀・日本料理 »

2018年8月 1日

「おさむちゃん」 大阪・堺・焼肉


大阪では「ちゃん」のつく焼肉店が話題になりつつある。
「まさちゃん」「おさむちゃん」「つねちゃん」など。
いくつか共通項がある。狭小の店舗、個性的な主人などなど。

ここ堺の「おさむちゃん」は中でも予約の取りづらい店の筆頭だ。
一日三回転というのにはいつも驚かされる。
この日は7名の宴席だ。男性5名、女性2名。
おまけにここは3.3坪である。

まずは自家製キムチから
ピオーネ、ハクサイ、キュウリ、トマト、アボカド、トウモロコシ。
18080104-copy.jpg



そしておさむちゃんの食材のプレゼンテーション
ヒウチ。
18080106-copy.jpg

18080108-copy.jpg

肌理の細かさに驚くと同時に期待が高まる。
ヒウチ石の形に似ているところからのネーミングと。



できたてのまだ生温かいもやし。
18080110-copy.jpg



美しいセンマイ。
18080112-copy.jpg

18080114-copy.jpg

最初はレモンで食べる。さっぱりとした口当たり。
次は酢味噌で食べる。



さあ、タンの登場。
18080118-copy.jpg

黒毛和牛です、と。



タン刺し。
18080119-copy.jpg

ゴマの力もありだが、タンが甘い。
ねっとり感がたまらない。タン元の一番柔らかいところだ。



次はタンを塊で、焼く。
18080122-copy.jpg



包丁目を入れた火入れの迫力。
18080125-copy.jpg

18080126-copy.jpg



まずは、梅ダレで食べる。
18080129-copy.jpg

酸味でタンの甘味を感じる。



次は山葵。これもいい刺激である。
18080132-copy.jpg



最後は梅ダレに山葵という組み合わせ。
18080133-copy.jpg



ヒレは室温に戻す。
18080135-copy.jpg



ヒウチのスライス。
18080137-copy.jpg



これを焼きしゃぶ仕立てに。
18080143-copy.jpg

18080146-copy.jpg

さっと片面を炙り、そこに山葵とニンニクチップを入れ巻くのだ。
牛肉の脂分と山葵などの香りが残る。



先ほどのヒレを焼く。
18080147-copy.jpg

18080150-copy.jpg

噛み締めるとうまみが炸裂だ。



この日はマルシンの登場。
18080152-copy.jpg

18080154-copy.jpg



焼きしゃぶ状態で白いご飯の友である。
18080156-copy.jpg

ご飯を包む。満足満足である。



ハラミである。
18080158-copy.jpg

18080161-copy.jpg

嬉しい、いつもはこれで白いご飯。



タレ焼きの醍醐味。
18080164-copy.jpg

このジューシーさはクセになる。
やっぱり白いご飯が欲しくなる。



タンツラ。タン元に下部。
18080169-copy.jpg

18080170-copy.jpg

味わいが濃厚だ。噛み心地がすごい。



てっちゃん。
18080174-copy.jpg

18080177-copy.jpg

18080179-copy.jpg

この脂が素晴らしい。脂分をどこまで残して焼くのか。
そこはおさむちゃんにお任せだ。
適度に残った脂を噛み締めながら幸せを感じる。



締めはピリ辛クッパ。
18080183-copy.jpg

スープの味わいが見事だ。



次回も楽しみである。






「おさむちゃん」
堺市西区鳳北町8-33-4

投稿者 geode : 2018年8月 1日 10:54