« 「燕」 京都・八条口・日本料理 | メイン | 「monk」 京都・哲学の道・薪窯料理 »

2018年7月30日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理


「京、静華」はメートル原器のような存在である。
宮本さんの料理を食べると、自分の料理に対する姿勢が見えてくるから恐ろしいとも言える。
そんなことを思いながら料理が始まった。

最初に出されたのが酸梅湯(サンメイタン)。
18073027-copy.jpg

18073028-copy.jpg

烏梅(青梅を黒くなるまで燻製したもの)に山査子、甘草が入った夏向きの飲み物である。
すっかりと暑気払いになる。



鮎の焼き餃子。
18073029-copy.jpg

柔らかなはらわたの苦味が餃子のランクを上げる。



夏野菜の生姜ソース。
18073032-copy.jpg

田中唐辛子にはピータンを詰め込む
ゴーヤ、レンコン、オクラ、トマト、サツマイモ。
揚げたり、蒸したりと中華の技法が冴える。



中華風刺身。
18073034-copy.jpg

明石産のスズキ。
いつもバリエーションが変わり、年中楽しめる一皿である。



スープ。
18073040-copy.jpg

冬瓜は中華の強みだ。蒸し揚げて全体に火入れをしてゆく。
宮本さんの上湯は、凄みのあるクリアだ。



エビのステーキ。
18073043-copy.jpg

エビをすり身にする。この発想も美しい。



牛肉の煮込みとジャガイモ。
18073045-copy.jpg

解ける食感と牛肉のうまみ、インカの目覚めというジャガイモの甘味。



ミルクの泡にトウモロコシのアイスクリーム。
18073047-copy.jpg

白いトウモロコシの甘味も生きる。



鱧ご飯です。
18073048-copy.jpg

18073051-copy.jpg

鱧の下にはもち米と豆豉と実山椒。
あんがかかる。



手打ちの玉子麺。
18073053-copy.jpg

鶏肉の棒々鶏棒々鶏ソース。
優しい味わいが特徴である。



ご存知 杏仁豆腐。
18073054-copy.jpg

素晴らしい。



桃のシロップ煮。
18073057-copy.jpg



フルーツティー。
18073060-copy.jpg

18073058-copy.jpg



安心して食事の時間が過ぎてゆく。
次のチャンスが楽しみである。






「京、静華」
京都市左京区 岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521

投稿者 geode : 2018年7月30日 11:07