« 「修伯」 京都・八坂の塔・日本料理 | メイン | 「SHERPA COFFEE ROASTERS」 岐阜・早田・コーヒー店 »

2018年7月25日

「川原町泉屋」 岐阜・川原町・川魚料理


夏がくれば思い出す一軒。

その代表が岐阜のある「川原町泉屋」だ。
鮎焼きに人生を捧げた人物・泉善七さん。
泉さんが焼く鮎を食べたくなる。

鮎を焼く。
18072598-copy.jpg

串はどのような形状がいいのか。
見るとヒラ串だ、丸串だが回りやすくて焼きが安定しないからだと。



店内は商品の販売コーナーと一階のテーブル席。
大人数だと二階となる。
この日は、一階のテーブル席に座った。

まずは枝豆。
18072500-copy.jpg

味が濃い。あっという間に食べてしまう。



一尾目は郡上八幡・長良川の鮎だ。
18072501-copy.jpg

10センチぐらいのサイズだ。頭がカリッと焼ける。
無論頭からそのままかじる。はらわたの苦味がインパクトあり。
やっぱり「泉さんの焼く鮎を食べないと夏の感じがしない」と思った。
頭のカリッと、身のふんわり、そして尻尾のサクッと。この三種の味わいの違いは明確である。



二尾目は和良川の鮎だ。
18072504-copy.jpg

顔が違う。色が違い、腹部の膨れ具合も違う。
「豪雨の前にとった鮎です。餌をいっぱい食べていますから。
それは先ほどの長良川も一緒です。いま上がっているのは味が痩せています。
大雨で餌が全部流され、少しずつついてきたところですから」と。
この和良川の鮎の頭のうまいこと。香ばしさが半端ではない。

味は柔らかくふんわりと身のしまりと弾力がある。
はらわたは苦いのだが優しさがある。尻尾もサクッとして上品な天ぷらのようだ。
全体的に品格のある味わいだが、それぞれの部位の輪郭はしっかりしているのだ。和良川恐るべしだ。
川が変わるだけで味がこんなに変わるとは!



熟れ寿司。
18072507-copy.jpg

左から8年熟成。天然鮎の熟成、天然鮎雄の熟成。
これは傑作というか、熟れ寿司の王道。酒を呼び込む味わいだ。



そして味女どじょうだ。
18072510-copy.jpg

貴重などじょう。
子持ちで味の凝縮感が見事だ。



ピザも登場だ。
18072511-copy.jpg

18072514-copy.jpg

ジェノベーゼと氷魚。
中には慣れ寿司のクリームや吉田牧場のチーズなどが入り、
ここでしかありえないピサの誕生である。
それも泉さんの日頃の研究と努力の賜物である。



締めは鮎ラーメン。
18072515-copy.jpg

天然鮎からとったスープは濃厚。
それもにも負けない麺もすごい。贅沢な締めの一杯だ。



夏の恒例行事である。






「川原町泉屋」
岐阜市元浜町20
058-263-6788

投稿者 geode : 2018年7月25日 10:28