« 「ビブレ」 北海道・美瑛・オーベルジュ | メイン | 「エグ・ヴィヴ」 北海道・小樽・パン »

2018年7月19日

「鮨一」 北海道・札幌・寿司


最初にこの店を知ったのは、京都・祇園の「北の幸」という寿司屋の大将からの紹介であった。
僕自身はなかなか尋ねる機会がなかったが、友人たちに紹介するとすこぶる評判が良かった。
僕も何度か訪れるようになり、この店の真価を知ったのだ。

素材のあり方がこうなのかと知らされたこともあった。
同行者が皆なリピーターになってゆくのだ。

「握りから始めます」と。
ヒラメ。
18071993-copy.jpg

ふっくらという口当たり。
横に添えられた生姜。
前に同行者が「なんでアスパラガス?」と聞いたほど姿がアスパラガスに似ている。
これはうまい。


包丁目の入ったケンサキイカの甘味に感動。
18071994-copy.jpg



北寄貝。
18071995-copy.jpg

これは現地ならではの強みあり。



つぶ貝。
18071996-copy.jpg

18071999-copy.jpg

このサイズ、10年ものだそうだ。
味の凝縮感が半端ではない。



積丹のウニ。
18071905-copy.jpg

この色合いからくる味の密度の濃さ。



北海シマエビ。
18071908-copy.jpg

甘味が鮮烈。



活けのボタンエビが跳ねる。
18071912-copy.jpg

18071915-copy.jpg

素材感満載。



トロ。
18071917-copy.jpg

口の中をうまみが覆う。



蟹味噌は酒を呼ぶ味わい。
18071918-copy.jpg



キンキは脂分しっかり。
18071919-copy.jpg



塩ウニと生の饗宴。
18071920-copy.jpg

これは贅沢すぎる。



中とろのキメの細やかさには舌が喜ぶ。
18071921-copy.jpg

香りも高貴。



締めはアナゴであった。
18071923-copy.jpg



また満足感をたっぷり味わい帰路についた。






「鮨一」
札幌市北区北二十四条西19-4-14
011-728-5350

投稿者 geode : 2018年7月19日 10:41