« 「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理 | メイン | 「ビブレ」 北海道・美瑛・オーベルジュ »

2018年7月17日

「銀閣寺 喜み家」  京都・銀閣寺・甘味処


夏になると必ず食べたくなる献立がある。
京都・銀閣寺近くの「きみや」という甘味処の「氷琥珀」という氷とあん豆かんだ。
18071795-copy.jpg

琥珀はべっこう飴を柔らかくした色合い。
砂糖の香ばしさを残す。
みぞれとは異なる優しいが奥行きのある味わいで、夏になれば一度はここを訪れ「氷琥珀」を食べる。
これを食べるとなぜか気持ちが和らぎ、優雅な思いに浸ることができるのだ。
氷もかなり細かく空気をたっぷり含んでいるのでふんわとした口当たり。



あん豆かんは、関西では珍しい豆かん。
18071798-copy.jpg

あずきと寒天の組み合わせ。
そこにあんをトッピングした一品だが、あんこと小豆の共演が楽しいのだ。



そんなことを思いながらこの「氷琥珀」と「あん豆かん」を食べる。






「銀閣寺 喜み家(きみや)」
京都市左京区浄土寺上南田町37-1
075-761-4127

投稿者 geode : 2018年7月17日 10:23